人気ブログランキング |
サッカー&映画三昧
ブログの更新を怠っているうちにいつのまにか1週間が経ってしまいました。
先週はサッカーワールドカップと映画三昧。
涼しい映画館で観たのは。。。

Ashton Kutcher(アシュトン・カッチャー)とKathrine Heigl(キャサリン・ハイグル)主演のロマンティック・アクションコメディ、 Killers(キラーズ)
c0181652_230274.jpg

主演の2人よりも 久しぶりにスクリーン越しに観る、お嫁さんのお父さん役、Tom・Selleck(トム・セリック)がなんとも懐かしく。。。
ずっと昔(もう20年以上前)に観た“3 Men and a Baby”という映画がとても好きで あれからずっと好感を持っている俳優さんなのですよ。

お馴染み、ディズニーのWoody(Tom・Hanks) Buzz Lightyear(Tim・Allen)のToy Story3
c0181652_2302141.jpg

ずーっと大事に、友達のように遊んできたおもちゃ達とさよならをして 大学に進むアンディ。。。
ほのぼのとして いいです。 
映画が始まる前の新作映画のプレビューを見ていたら なんとも3Dの多い事!
Sonyなんかも3D仕様のテレビをだしてきましたね。 これから3Dが主体になるのかなぁ。

Adam Sandler(アダムサンドラー)主演のコメディ、 Grown Ups。笑えました。
c0181652_2303427.jpg

主役も脚本も担当する彼の映画はいつも 同じキャスティングなのが昔は気になったのだけど もう慣れちゃって、落ち着きさえ感じるほどに。。。

デンマーク戦での日本のBlue Samurai、素晴らしかったですね~。
こちらのニュースでも日本サッカーのチームワーク、技術がとことん褒められておりました。
特に本田選手のフリーキックなんて クリスチアーノ・ロナウドのようだと。。。
アメリカも16強入りしたところで 今日ガーナに負けて退散してしまったし、同じアジア勢の韓国も今日退散してしまったので こうなったら何が何でも日本のパラグアイ戦の応援が楽しみです。

それにしてもこのワールドカップ、なんだか審判による納得できないコールが多いと感じるのは私だけ?
サッカーに関しては無知な私がいうのもなんだけど、サッカーってこんなものなんでしょうか。
今日のイギリスvs ドイツでもゴールに入った得点がなぜか得点として見なされなかったり、前のアメリカ vs. スロバニア戦でも入ったゴールが審判によってキャンセルになったり。。。

ちなみにこの場合、ブルーのユニフォームがアメリカですがちょうど上のゴール(審判によって得点されなかった)が入った瞬間はこんな感じ。。。
c0181652_12204026.jpg

でほとんどのUS選手がスロバニア選手達にがんじがらめにされているのは違反じゃないの?

ブラジルのカカにしても どう見ても 相手選手が勝手にぶつかってきたのに大袈裟に倒れてアカデミー賞なみの演技をしたのを鵜呑みにしてカカが退場になったり。。。
かと思ったら、これはどう見てもイエローカードだろっていう行為が無視されたり。

審判だってね、すごいプレッシャーだとは思うんですよ。 それに人間なんだから間違いだって起こるのはわかる。。。でも得点に繋がったり、レッドカードに係わる場合、審判自身が確信できない場合はアメリカンフットボールだとか、スピードスケートのようにこの際 インスタント・リプレイを使う事って無理なんでしょうか?



by ziggyus | 2010-06-28 12:45 | Movies

<< 水か土か。。。 Happy Father... >>