もの足りなさ
   最近なんだかやけにポカポカと暖かくなってきた こちらラスベガス地方。只今の気温は16度。
いえ、とても過ごしやすくていいんですよ。暖房も冷房も要らないし、愚痴なんて言ってたら罰が当たるのはわかるんですけど でも今はまだ2月、ちょっと夏に向かうには早すぎるんじゃないかと内心ヒヤヒヤでの冬女でございます。
カナダに住む妹のとこなんて 今 なんとマイナス22度。冷凍庫の中で暮らしているようなもので、それを羨ましいかといったらまたそれは違うんですけど、やっぱり2月には2月らしい気候であった欲しいというかね。

   先日仕上がった”赤系”のひざ掛けは無事に知人に届き、大変喜んでもらえて私としても大変嬉しいし、ホッとしているところで もう一方自分用のひざ掛けの方も仕上がりました。
c0181652_02434842.jpg

c0181652_02444950.jpg
前から気になっていた 藍色の布を使って、裏布は前回と同じくフランネル生地で 柔らかく肌触り抜群!
ただ。。。
マシンキルティングをしたせいで キルティングが1日で終わり、バインディングも裏の仕上げだけ手縫いでこれも1日。
家事をほったらかして こればっかりに集中したら全部が1日で仕上がってしまうかもってほどの早さでした。 完成してもちょっとした物足りない感は拭えない気がします。

   そして 先週のある日、お友達に誘われて和食ランチをご馳走になりました。
c0181652_02534439.jpg
初めて行ったこのお店は ”きゃら”という居酒屋さんで、お昼には美味しいランチメニューを提供してらっしゃるようです。
ランチメニューの中から 3人とも同じく 刺身定食をオーダーしたのだけど、この通りお刺身が氷の上に盛ってあったり どれも美味しくてお店の雰囲気も含めてなんだか自分が日本にいるような錯覚に陥りましたよ。 うちからだと結構距離があるけど、また行きたいな〜って思いました。

   そのランチの帰りに いつも行く Home Goodsという雑貨屋さんに寄って 見つけたのがこの水切りかご。
備え付けの食洗機があるからそれを使えばいいのだけど、なんせうちは今 夫と私の二人だけ。
それも ほとんどの食事がうちではワンプレートなため、普段それほど洗い物が出ないのと、お鍋類、プラスチック類やお箸など食洗機を使わないことにしているので 結局は ささっと手洗いで済ませてしまうのが常。
それでも キッチン・ダイニング・居間が大きな一部屋でかなりオープンスペースになっている我が家、大きな水切りかごをずっとカウンターに置きっぱなしなのも気がひけるので 今まではそれ用のマットを敷いてその上に洗った食器類をおくようにしていました。
c0181652_02544030.jpg
c0181652_02550579.jpg
なんてことはない プラスチック・シリコン製のバスケットなんですけど、大きさといい、使わない時にはこうやってたたんでキャビネットにしまうことができるので ちょうど探していたものを見つかった感じで 嬉しいです。

   最後のおまけは 孫1号のBちゃんの寝顔写真。
弟もできて 只今4歳、ぐんぐんお兄ちゃんらしくなってきたとはいえ、やっぱり寝顔はまだ幼児。
c0181652_02552686.jpg
それにしても なんなんでしょう、このまつ毛の長さ。。。羨






[PR]



# by Ziggyus | 2017-02-08 03:24 | Handcraft | Comments(6)

手縫い vs. マシン
   気温が一桁の日が続いている割には 日中は太陽が燦々と降り注いでポカポカ陽気に感じてしまう日が続いています。
近所の山もこの通り。。。
西側
c0181652_16123779.jpg
北側
c0181652_16130353.jpg
ラスベガスは周りを山に囲まれた盆地なので 結構どこの方向を見てもこんな感じ。

   さて、本題の 手縫い vs. マシン。。。 ですが、先日ピースワークをした二つのうちの一つのキルトが仕上がりました。
c0181652_16185918.jpg
私、パッチワーク・キルティングを初めて30数年が経つのだけど、今まではもっぱら手縫のキルティングばっかりしてきたのに、今回初めてマシンキルトに挑戦してみたのです。
こちら、アメリカのキルターのほとんどはマシンキルトといって ミシンを使って作るキルトが主流みたいで、実際にここに住んで30年 手縫いをするアメリカ人のキルターを見たことも 会ったこともないほど。
近所のキルティング・ショップでは 布を中心に材料の販売の他に 教室(ミシンキルトの。。。)を開催していて、あともう一つ、なんと 見た目はほとんど工業用のロング・アームミシンを使ったキルティングサービスまで料金設定されているのですよ。 だから大きなベッドカバーなどを作る人で ピースワークだけ自分でやって、あとのキルティングは料金を払ってお店にやってもらうという仕組み。

マシンキルトは 確かに頑張れば2、3日もあれば完成しちゃうほど スピーディなので どんどん次のプロジェクトに移れるため 自由な時間があまりない人、または 神経痛などで指の節々が痛くて手縫ができない人には合っているかも。
今回 バインディング(裏側)以外 ミシンでピースワーク、そしてキルティングまでやってみた感想は ちょっと物足りないような。。。
手縫いの チクチク作業が楽しかったりするのでそう感じたのかもしれないけど、まあどっちにも利点・弱点はありなのだから その人にあったやり方で楽しむのがやっぱり一番ですよね。

私も、これからはマシンキルト・手縫いキルト、両方楽しむようにしたいと思っています。
ちなみに 今回のこのキルトは 知人に贈る膝掛け。
c0181652_16440745.jpg
裏は なんとコットンではなく 柔らかく肌触りのいいようにフランネルの布を使ったのだけど、これは正解!! 触り心地抜群です。
ここ数年 色々あった彼女にはとにかく元気を出してもらいたくて、両面とも明るい色合いにしました。
気に入ってもらえますように。。。

   それともう一つ、オーダーしてあった 布の裁断に使うロータリーカッターが届きました。
c0181652_16544391.jpg
これが、今まで使っていたカッター 
と比べて まず手に面白いほどフィットして、その上 手や手首に力を入れなくてもすすーっと布を切ることができるのですよ。
まだ試してないけど 最大30枚まで重ねてカットできるんだとか。
そして一番の利点は切る時に手首を捻る必要がないので真っ直ぐ、またはいろんな方向に自由が効いて正確にカットできること。
今までちょっと苦手だった 布を切る作業が楽しくなりそうな予感がしています。







[PR]



# by Ziggyus | 2017-01-28 17:18 | Handcraft | Comments(6)

ありがたい
   先日、また一つ歳をとりました。
今回は いつに増して自分がどれだけ人との関係に恵まれているかを実感しました。
まず、お誕生日前日、近所のお友達が持ち寄りでバースデーランチに誘ってくれました。
お料理はもちろん、ケーキまでみんな手作りで 美味しかったのなんのって。。。(写真を撮るのを忘れたブロガー失格の私)
私は ずっと気になっていた 炊飯器で作るカオマンガイというタイのチキンライスをこしらえてみたのだけど、これが美味しいのなんのって! (これも写真無し、すんません)
初めて作ってみた割にはみんなもそれはそれは気に入ってくれてすぐに完食。 これはリピ決定。 

そして クラフト仲間でもある ”超”がつくほど器用なRさんが作ってくれたのがこれ!
c0181652_08590788.jpg
大きいトートバッグ、めっちゃくちゃかわいくないですか〜? 
しっかり綺麗な刺繍が施されていて、使うのが勿体無いような気もするけど どんどん使わせてもらいます!

そして バースデー当日、朝普段通り起きて 朝食と夫のランチをこしらえようとキッチンに向かおうとすると夫からストップがかかり、今日は何も作らないようにという御達しが。 それですぐに着替えて 朝の6時から近所のスポーツバーへ。
朝からスポーツバーなんてふざけてる!って思いますよね!? ねっ!?
実はそのスポーツバーは24時間オープンで、店内も綺麗で、週末の朝に夫とよく朝ごはんを食べに来る場所なのです。
ここのお料理、なんと朝6時から10時までは全メニュー(飲み物以外)半額、それも毎日そうなのだ! 
c0181652_08594539.jpg
いつものコーヒーとほうれん草とマッシュルームのオムレツをいただき、朝食を済ませた後 夫はそのまま仕事のためオフィスへ、私は帰宅。
家に帰ると 娘や孫っこ達からフェイスタイムがあってバースデーソングを歌ってくれたり、カナダに行ってる息子からフェイスタイムがあってちょうどその最中に 彼が送ってくれたお花が届いたり。。。
c0181652_09012361.jpg
カードや フェイタイム、電話はもちろん、ブログのコメントや遠く離れた日本のお友達からもLINEやメールでも”おめでとう”メッセージをたくさんもらって なんだか今までになく 家族やお友達との繋がりがありがたく感じて 感謝の気持ちを幸せを噛み締めた一日でした。

夕方には 夫の職場で待ち合わせて そのまま夕食に出かけます。
c0181652_09015004.jpg
ベガスに住んでいるとはいえ、滅多にあの観光名所、ラスベガスブルーバードの通りまでやってこないのですが、この日は ストリップ(ラスベガス・ブルーバード)からかなり奥まった、知る人ぞ知る隠れ家的イタリアン・レストランへ。 
その名も Casa di Amore
ここは一人では歩きたくない地区で、レストラン自体も外から見ると ”ここ、入っても大丈夫? いかがわしいところじゃない?”って思うような風貌なのに、5時のオープン前から行列。
私達のすぐ前でオープンを待っていたカップルは 他州から観光できていて、ベガスに来るたびにこのお店の予約を取って食事をするんだとか。
中は”ベガス”的な風情があり、生バンドがフランク・シナトラの曲とかを雰囲気よく歌ってBGMになっています。
c0181652_09010631.jpg
まずはすぐに出て来るバゲット。。。毎日お店で作って焼いているらしく、美味しい〜!
c0181652_09004505.jpg
アペタイザープレート。 イカ、エビ、ラビオリ、チーズのフライ。マリナラソースによく合います。
c0181652_09002187.jpg
私のオーダーしたのは Cioppinoという魚介類のブイヤベーススープ。
魚介の美味しさがぎゅっと詰まっていて美味しい。
夫はラザニアをオーダー。
最初のパンとアペタイザーでかなりお腹が膨れてしまってこのスープも半分持ち帰ることにしたのですが、バースデーということで、お店からサービスのデザート、カノーリ
もお持ち帰りにしてもらうことにしました。 そしたらちゃーんとキャンドルまで入れてくれる心遣いまで。
c0181652_09021817.jpg
翌日いただいたCannoli、甘かったけど、ブラックのコーヒーによく合います。

   昨日はベガス地方にしては珍しく一日中雨。。。
こんな日は家の中で”チクチク”縫い物をするに限るのだけど、そのチクチク作業で必要なものがいくつかあって、午前中に雨の中 JoAnn'sというショップに行って買い物をして 午後はこの間カットしたピースをつなげました。
c0181652_09025587.jpg
アイロン、カット、ピースをつなげてまたアイロン。。。アイロンは欠かせません。
今回は 同じパターンだけど 全く違う色合いのを二つ同時進行です。
一つは贈り物。
これから裏布とバティングを重ねてキルティングの始まりです。

週末も雨模様らしい。 フーバーダムの貯水量が危険なほど下がっているようなので、これは恵みの雨、どんどん降って欲しいところです。







[PR]



# by Ziggyus | 2017-01-21 15:34 | Handcraft | Comments(6)

今更ながら。。。
   ここ数年、たまに欲しいなあって思っていた圧力鍋。
圧力鍋を使うレシピ本はとうの昔に買ってあったものの、収納とか考えても スロークッカーがあるからいいや、って伸ばし伸ばして数年。 でもとうとうゲットしました。
。。。ってことで今更ながら圧力鍋デビューです。
c0181652_14223229.jpg
まずは試し、大晦日に”沖縄そば”もどき用に豚肉を。。。意外と簡単。
というか 電気を使うのでお鍋を火にかけることなく材料を入れてスイッチを押すだけなので 自慢できることでもないのだけど。
気を良くして つい最近 夕食にポークリブにしてみました。 1時間もかからないうちにお肉が骨からホロホロと離れるほど柔らかくて大満足。
c0181652_14220197.jpg
これからも色々試してみるのが楽しみになりました。

食べ物続きで 先日の週末、久しぶりにMimi's Cafeにブランチに行ってきました。
私は マッシュルーム、ベーコンとブリーチーズのオムレツ。
c0181652_14283567.jpg
夫はフレッシュフルーツのワッフルに 卵とハムがつくコンビネーション。
c0181652_14290760.jpg
どれも美味しそうなので どれも食べたくてそれぞれを半分こです。 最近このパターン、多いです。

   年末に ハワイアンキルトが完成してちょっと手持ち無沙汰だったので 今度は何を作ろうかと考えていたところ、結構家から近い場所にキルティングのショップが去年オープンしたことがわかって 早速行ってみました。
広くて明るい店内に かなり豊富な種類の布が陳列されていて、スタッフもとてもにこやかでいい感じ。 気に入りました!
早速 買ってきた布をカットです。
c0181652_14303051.jpg
今回はパターンもなく かなりシンプルなキルトになる予定。

   いつもの近所のくスーパーに向かう途中 見た風景。
雪化粧した山に青い空、そして向こうに見えるはお月様。。。
c0181652_14343954.jpg
キリッとした冬の空気、好きです。

   最後にひとつ、可愛いおまけ。
c0181652_14380253.jpg
孫2号のAちゃん、12ヶ月と ガールフレンドのDちゃん、9ヶ月。
実はこの可愛らしいDちゃんのママは Aちゃんママ(私の娘)の同級生で プレイデートをよくしてるんだとか。
二人ともまだ自分で歩けないのに ちゃんと靴を履いてたりして笑っちゃう。




[PR]



# by Ziggyus | 2017-01-17 14:49 | Food...Yum! | Comments(6)

冬の空色々
   ついさっき年が明けたと思いきや、すでに2桁の日付。。。
今年も あっという間に過ぎてゆきそうな予感がする今日この頃です。

先日、今の家に引っ越してからずーっとクロゼットの箱の中に大切にしまってあったものを出して 飾ることができました。
お気に入りのキャビネットに飾ることを決めていたので、パントリー・倉庫が仕上がるのを待っていたのです。
c0181652_05241949.jpg
もうかれこれ10年も前に、ある方から陶芸を習いたての私のブログにコメントをいただいて、今思い返しても恥ずかしいほど素人も甚だしい私の器をリクエストをしてくださったのです。 この情緒あるお人形はその方からの贈り物で 横浜開港人形という横浜の郷土人形。 もちろん職人さんによる手書きのなんとも温かみのあるお人形は大量生産されておらず、貴重なお人形達です。 
横浜に住まわれ、こよなく横浜という街を愛され、横浜のことなら歴史を含めて情報の玉手箱のようなSさんらしい贈り物をいただきました。
私の下手な器のお礼がこのお人形ですから もうまさに”海老で鯛を釣る”、いや、”棚からぼた餅”な状態。
これは大切にしないとバチが当たるというもの。。。
とにかく、その大切なお人形を 埃のかぶることがないガラスケースに飾りたかったのでパントリーが仕上がった今となったというわけ。
一日に何度も使うパントリー、この前を通るたびに ちょっと足を止めて勢揃いしたこのお人形を眺めています。

   冬の空っていろんな表情が現れますよね。
最近見て、綺麗だな、面白いなって思った空の表情。
まずは夕焼け。。。
c0181652_05230383.jpg
c0181652_05222053.jpg
そして、日が暮れてから、なんとも面白い、ちょっと奇妙な黒い雲
c0181652_05215866.jpg

   新年早々ちょっと風邪気味だったある日、お昼に風邪薬を飲んだせいか なんと夕方の7時頃には眠気に襲われ グースカ眠ってしまったせいで、なんと夜中の2時くらいに目が覚めてしまいました。
c0181652_05234818.jpg
仕方がないので 今のソファーに腰掛けて 一人プレイステーションで UNOをして遊んでいました。 
2時間くらいたつとまた眠くなって またベッドに。。。そしたら なんと起きた時には7時になっていて、夫はもう着替えて仕事に出かけるところじゃないですか!
朝食も 持っていくお弁当(もちろんサンドイッチですが)も作らずじまい。 まあ、こんな日があっても仕方ないですよね。(。。。と自分に言い聞かせる)

   こちらのちびっこは 寒いのもへっちゃらで 雪遊びを堪能したみたいです。
c0181652_05244031.jpg
孫1号のBちゃんは喜んではしゃぎ回り Aちゃんはというと雪の冷たさに困惑してママにコアラのようにしがみついていたそうな。
私はもう 風邪も回復しておりますが、皆様もどうか気をつけて。。。






[PR]



# by Ziggyus | 2017-01-12 06:07 | Seasons | Comments(4)