<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧



お気に入り
お久しゅうございます。。。
のらりぶらりとしている間に前回からなんと1ヶ月近くも経ってしまいました。
もう最近はあまりの怠け度に自分自身呆れているところです。

妹からはほとんど毎日のようにかわいい甥っ子の写真が送られてくるのですが、ほんと、子供の成長って毎日毎日新しい発見。。。みたいな気がしています。
c0181652_2185234.jpg

自分の子供達が赤ちゃんの頃の成長の事って20年以上の月日が経ったというのと共に、きっとあの頃って自分自身が育児に精一杯で 詳細を覚えてなかったりするのですが、さすがに今となっては 第三者の目でゆったりと見ることができるような気がします。
甥っ子も4月にこっちに遊びに来た頃に比べると4ヶ月の間に体の成長はもちろん、離乳食が始まり、おすわり、ハイハイができるようになり 今では自分で立ち上がったり、つかまり立ちをしたり ありとあらゆるものを口に入れて食べようとしたり、とにかくママは目が離せないようです。
平均に比べるとかなり体もでかく、声もでかい! よく笑い、よく泣き、うーまくー(ワンパク)全開なんだとか。
健康優良児でなにより!!

ところで 最近観た映画で 作家キャサリン・ストケットが2009年に発表したベストセラーデビュー作を映画化した、The Help というのがあって、これがかなり印象深かったのでちょこっと紹介。
オフィシャルサイトのトレーラーはこちら 
c0181652_337404.jpg

時は1960年代前期のミシシッピーを舞台に、その頃とうに奴隷解放されてかなりの時間が経っていても黒人差別が色濃く残る南部に生きる女たちの姿を描かれた 笑いあり、涙ありのコメディドラマです。

エマ・ストーン演じる主人公は作家志望のスキーター(写真上:左)。
都会の大学を卒業して、地元の南部ミシシッピ州ジャクソンの町に戻ったスキーターは、就職が決まったローカル新聞社でまずは家事についてののコラムをまかされることに。
しかし、自宅には、生まれた頃から黒人女性のメイドさんがいて、家事に関して全く無知だった彼女は、コラムのネタを求め、友人の家のメイドに頼んで話をするうちに自分たちがまともな大人に成長できたのはメイド達が育ての母にも近い存在で献身的に尽くしてくれたおかげなのに、そうした黒人女性が単に使用人として差別され、個人としての素顔や、私生活については何も知らなかったことを認識させられ、中には人間としても尊重されていないメイドが数多くいる事に愕然とする。
そこで、黒人女性のメイドらの本音を聞き、本にまとめようと取材を始める彼女に、人種差別は当たり前のように思われていた南部で、はじめは協力的じゃなかったメイド達も まわりの風当たりにも負けない彼女の勇気ある姿勢に心を開いて 自ら勇気を出して語り始める。。。というストーリー展開。

普段は本を読んでから映画を観るというパターンが多い私ですが、今回はこの映画を観た後に本が読みたくなって取り寄せてみました。
  
c0181652_211369.jpg

もうひとつ、一緒に取り寄せたのは The Pioneer Woman Cooksというレシピ本なのですが、著者は何年か前から私のお気に入りで その名も The Pioneer Womanという人気ブログのRee Drummondさん。
彼女のウェブサイトには料理はもちろん 写真、ホームスクーリング、家のデザインなどが満載で、どれをとっても彼女の撮る写真と、なんだかお隣さんのような気さくで暖かい文章に引きつけられます。
ロサンジェルスという都会でスーツやハイヒールで闊歩していた彼女が 里帰りのちょっとした隙にカウボーイ(ご主人)と出会い、恋に落ち、結婚してオクラホマ州の広大な土地で牧場を営み、4人の子供達と共に自然と動物に囲まれた生活を楽しんでいる様子が垣間見れるのが これまたいい感じなんですよ。
このサイトでは太っ腹に ルクレーゼのお鍋やら、キッチンエイドのスタンドミキサーなんかも抽選でプレゼントしちゃったりするのですが、そんな時にはコメント数が5,6万とかいう、とてつもない数になったりする人気ぶり! 
その上、これまた抽選で彼女の牧場に招待し、敷地内のロッジで料理イベントをしたりするのだけど、そのキッチンがこれまたため息ものでして。。。インテリアコーディネイトがお好きな人も必見。
彼女、なんとFoodNetwork(フードネットワーク)というお料理番組のチャンネルでThe Pioneer Womanのシリーズが始まるんだとか。。。
c0181652_2111921.jpg

この本のレシピは 親切に手取り足取り風に写真で工程を見せてくれるのも嬉しいけど、それ以上に彼女の文章が面白くて レシピ本というよりエッセイ集を読んでいる感覚になります。
c0181652_2113457.jpg

早速 ちょっと遅めの朝ごはんをつまみながら。。。
[PR]



by Ziggyus | 2011-08-24 03:23 | Books | Comments(22)

共同作業ランチ
暑い日が続いております!
記事の投稿も呆れるほど怠っていますが、先日 娘がボーイフレンドと5日ほど帰ってきていたので 一緒にごはんを作ったり、食べに行ったり、買い物やカードゲームをしたり、ゆっくりおしゃべりしたり、楽しく過ごせました。
楽しい時間って思いの外早く過ぎてしまうもので あっという間にタイムオーバー。。。毎日 電話やメールでやりとりできるとはいえ、しばしの別れはやっぱり寂しいものです。

その後 私が寂しそうな顔をしていたのか、息子が一緒にランチでも作ろうと誘ってくれたので 久しぶりにホームメードのピザを焼いたのだけど、息子が形成したので形はいびつなものの、想像以上に美味しくできました!
c0181652_233483.jpg

今回はトマトソースではなくバジルソースを使って。。。トッピングは生のモンツレラチーズと、トマトとベーコンビッツに なぜか息子はその上にまたチーズをパラパラ。。。
これでオーブンで焼くこと12分
c0181652_2332164.jpg

更にバジルとパルメジャンチーズをのっけて、美味しいったら!!
やっぱり家で焼くピザは自分勝手ができていいですね。
c0181652_36837.gif

ここ1ヶ月間に映画館で観た映画は Bad Teacher, Terrible bosses, Transformers, Captain AmericaやCowboys and Aliensなど、なんやかんや観に行っているのですが つい先日家でNetFlixというネット回線を利用したビデオ配信サービスを使って観た Secretariat (セクレタリアト)が一番印象深かった気がします。
c0181652_2362697.jpg

映画館では去年に上映されて、もうDVDも出ているこの映画。ディズニーが製作したダイアン・レイン主演の映画で、1973年に活躍した三冠達成の伝説の競走馬「セクレタリアト」と、その馬主、ペニー・チェナリーの実話を基に作られたらしいのだけど、専業主婦だったペニーが大規模の牧場を所有していた両親の死後、何の知識もないまま、赤字だらけのため売却しようとする兄弟の反対を押し切って経営に乗り出し、相当なリスクを背負っても成功させようとする芯の強さ。
そして彼女が信念をかけたSecretariatという馬との心のつながり。。。
これがね、本当にあったことだけに尚更すばらしいなって思うのです。
ちなみにSecretariat、1989年に19歳でこの世を去ったのですが、大会では沢山の記録を生み出して、その記録の多くが未だに更新されていないのだとか。
[PR]



by ziggyus | 2011-08-01 02:37 | Food...Yum! | Comments(16)