<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧



ちょっと違ったApple Pancake
ご無沙汰しております。
前回の記事へのコメントのお返事がたいそう遅れてしまって 申し訳ないっ!!
実は 単身赴任中の夫が帰っておりまして。。。
彼が家にいると いつもなかなか出来ない分、何かとどんどん家のプロジェクトを始めてしまい、そうなると私もそれを手伝う羽目になるので ホームセンターに通う日々が続くわけで。

c0181652_3382087.jpgまぁ それに関してはのちほどって事で 今回は美味しい話題を。
同じアメリカとはいえども東と西では軽く3時間の時差があるため 帰ってきてすぐの時期は彼もちょっとした時差ボケでせっかくのお休みなのに5時には目が覚めてたりするので。。。 (あれ? これってそれとも時差ボケのせいなんじゃなくて 歳のせい? 遅く寝ても6時前には目が覚める私だって人の事言えないけど。 わははっ!)
しょうがないから 早朝早々に 私の気になっていたお店に誘ってみました。

私達の行ってみたこの店舗は、評判を聞いてなかったら 入ってないであろう、なんとも古くて、外見プレハブかトレーラーハウスのようなチャチな店構えの The Original Pancake House

時間的に早すぎて まだお客もまばら。。。静かです。
私は迷わずに この店の名物 Apple Pancake(アップル・パンケーキ)
ジャジャ~ン!
りんごのスライスがこれでもか~!!っというほどパンケーキの生地の上に重なり合い、その上にシナモングレーズがかかって、それが鉄板やフライパンで焼くのではなくオーブンで焼かれています。
c0181652_3384388.jpg

お味の方は パンケーキというよりも アップルパイとクラフティを足して2で割ったような感じ。。。
美味しいのですが、この大きさだと さすがにこればっかりだと味に飽きて4分の1くらいでギブアップ。
これは何人かで分けていただくのをお薦めします。

そしてこちらが夫のオーダー、シンプルにフレンチトースト。。。なのですが これまたすごい量で出てきます。
c0181652_339319.jpg

食べた食べた。。。ってところで向かう先は やっぱりホームセンターなのでした。

そして 最近やっと Wiiがうちにやって来た~!!!
c0181652_4271522.jpg

娘は任天堂DSを、息子はPlaystation3やXboxなどを持ってるし これ以上ゲームなんて要らないんじゃないの?ってず~っと無視してきたWiiでしたが、今回 機体はお父さん(夫)が買い、他のアクセサリーやゲームソフトはそれぞれ遊びたい人が買う。。。というお約束で我が家にやって来たという次第。
みんなで 週末や夕食後のレクレーション、楽しめるかな?
[PR]



by ziggyus | 2009-08-27 04:08 | Food...Yum! | Comments(32)

DC - Day 10 最終編
こちら 毎日最高40度のカンカン照りが続いております。
朝夕は随分と涼しくなったのですが、日中は雲ひとつ無い青空、照りつける太陽でまさに“夏”という感じ。
外でコンクリートの上に生卵を落としたら ちょっと時間がかかるかもしれないけど間違いなく目玉焼きが出来るでしょう。

しばらく書き綴ってきたワシントンDCの日記もこれで最後となりました。
10日目は水曜日。。。 木曜と金曜はお天気が崩れたため家に篭っていたのと、土曜日は夫とハリーポッターを観にいったりしてすごしたので DC内での見学は今回この日でおしまい。

今回の旅で 毎日バッグに入って私のお供をしてくれたのが この二つでした。
 
c0181652_021674.jpg

ひとつは Sara Gruen著作のWater for Elephants(邦題:サーカス象に水を)という本。
1人で朝食やランチを取りながら、美術館や博物館が開館するまでの時間、はたまた帰りの夫との待ち合わせの時間にちょこちょとと取り出しては読んで、この2週間で全部読みきる事ができました。
この本のおかげで いつもはあまり好きでない“待ち時間”も充実した時間になったような気がします。
思いがけない人生展開と人間模様が世界恐慌時代のサーカス団を背景に書かれたこの本、お薦めです。

そしてもうひとつ、これのおかげで 私のDC探検ができたと言っても過言ではないほど役に立ったのが このWashington Flyer(ワシントン・フライヤー)という冊子。
c0181652_0213917.jpgc0181652_022695.jpg

DCのエアポートのターミナルに 無料で置かれているのをピックアップしたんですが、これがまた優れ物で DCの地図はもちろん、メトロ地図、観光スポットや博物館・美術館の情報も盛りだくさん!
c0181652_0225083.gif

さぁ、最終日、歩きます!
まずは朝、メトロセンターという駅で降り、駅近くのCosiというカフェで朝食を。
コーヒーと熱々キッシュ、なかなか美味しかったです。
c0181652_0233824.jpg

その後は一駅ほど歩いて中華街へ。
中華街の門はあいにく 修理中でカバーがされ見ることができませんでした。残念!
c0181652_024557.jpg

中華街のスターバックス。 やっぱり中国語の看板。
c0181652_3255886.jpg

DCの中華街はいくらか中華のレストランが並ぶものの、横浜の中華街の方がず~っと規模が大きいです。

その隣のVerizon Centerを一通り見た後は 道を隔てて建っている The Smithsonian American Art Museum(スミソニアン・アメリカ美術館)とNational Portrait Gallery(国立肖像画美術館)
このふたつは建物が繋がっています。
ここも今回2度目の訪問。
時間がたっぷりあったので ゆっくり鑑賞できました。
建物の内装もとても見ごたえありです。
c0181652_026951.jpg

c0181652_0274619.jpg
c0181652_028069.jpg
c0181652_0282330.jpg
c0181652_0283320.jpg

The White Ballet by Everett Shinn
c0181652_029353.jpg

Angel by Abbott Handerson Thayer
c0181652_02942100.jpg

Virgin Enthroned by Abbott Handerson Thayer
c0181652_029579.jpg

Girl in Blue Dress
c0181652_030831.jpg

Juliette Gordon Low's portrait by Edward Hughes
このきれいな女性、アメリカ・ガールスカウトの先駆者だそうな。
c0181652_0305179.jpg

カーネギーホールやカーネギーメロン大学で有名な Andrew Carnegie (アンドリュー・カーネギー)
c0181652_0311252.jpg

Davy Crockett (デイビー・クロケット)
c0181652_0313270.jpg

小説家 Edgar Allan Poe (エドガー・アラン・ポー)
c0181652_0314938.jpg

日本でも馴染みの深い アメリカ軍最高司令官 Douglas MacArthur (ダグラス・マッカーサー)
c0181652_0321497.jpg

あまりにも有名な物理学者 Albert Einstein (アルバート・アインシュタイン)
c0181652_0322841.jpg

これまた発明王と異名を持つ Thomas Alva Edison (トーマス・エジソン)
c0181652_0325092.jpg

私の好きなアーチスト、Norman Rockwell(ノーマン・ロックウェル)に書かれた President Richard Nixon(37代大統領 リチャード・ニクソン)
c0181652_0334391.jpg

President Ronald Regan (40代大統領 ロナルド・レーガン)
c0181652_0385060.jpg

ご存知、現在のPresident Barack Obama (44代大統領 バラク・オバマ)
c0181652_039974.jpg

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)
c0181652_0392617.jpg


今回のDC歩き、私にとっていろんな発見あり、じっくり芸術鑑賞ありでとてもよい思い出がたくさんできました。
ここに日記として残しておく事で またいつかアルバムを開くように懐かしい気持ちで再び見ることができればいいな~なんて思っています。
お付き合いくださった皆様、ありがとうございます。
[PR]



by ziggyus | 2009-08-19 00:34 | Travel | Comments(32)

和のおやつ & DC - Day 9
今回は久しぶりに和風のおやつにしてみました。
まずはあんみつもどき。
バニラアイス、小豆、白玉団子、寒天がなかったのでナタ・デ・ココ、そしていちごやぶどう。
むふっ!!
c0181652_2344479.jpg

余った白玉を使って みたらし団子もどき
c0181652_235132.jpg


c0181652_2354767.gif

DC9日目に突入です。 
この日は午前中に National Archives(国立公文書館)見学。
開館よりも早めに行ったにも係わらず すでに結構な数の人達が列を作って待っていました。
この建物はアメリカ合衆国政府の書類と歴史的価値のある資料を保存する公文書館で 貴重な30億点以上の記録文書の他に、写真、ビデオ、フィルム、地図・表・設計図が眠っているそうです。
細かいものは第二次世界大戦で捕虜になった日本人の方達の名前や年齢とかまで。
c0181652_3313367.jpg

c0181652_2541759.jpg
c0181652_2542683.jpg

c0181652_3195642.jpg

中に入ると、まずみんなが目指すは同じ場所。。。
Rotunda for the charters of freedomという、オリジナルの独立宣言書、憲法、権利章典が収蔵されているホールです。
そのホールに入るのも厳戒態勢。。。写真撮影はOKなのですが、展示物が古く、インクに影響がでてくるので フラッシュをたくのは禁止。ただ、室内の照明がとても暗いので、ほとんどの写真がボツ状態。
限られた人数しかホールに入れてもらえないのと、1人ずつがゆっくり文書を見学するためにかなり待たされましたが、目の前にオリジナルの文書が現れると “あ~、これがあの。。。”となんとも感動!
このホールは ニコラス・ケージ主演の映画、National Treasureでも撮影されていましたよね。
c0181652_2544122.jpg
c0181652_255232.jpg

c0181652_3203531.jpg

Declaration of Independence(独立宣言書)

c0181652_2551693.jpg

Constitution of the United States(憲法)

c0181652_2553217.jpg

Bill of Rights(権利章典)

c0181652_3114259.jpg

c0181652_256167.jpg

午後はお向かいの National Gallery of Art へ。今回2度目の訪問です。
前回見れなかった部分をゆっくり。。。
c0181652_3221971.jpg

c0181652_3223972.jpg

c0181652_3225761.jpg

Edgar Degas -The Dance Lesson
c0181652_3334840.jpg

c0181652_2563176.jpg

Rembrandt van Rijn -Self Portrait
c0181652_2564238.jpg

Leonardo da Vinci -Ginevra de' Benci
c0181652_256575.jpg

Edgar Degas - Little Dancer
c0181652_257890.jpg

Auguste Rodin - The Thinker
c0181652_2572030.jpg

[PR]



by ziggyus | 2009-08-16 02:57 | Travel | Comments(18)

おやつ & DC - Day8 Part2
こちら真夏日真っ盛り!
朝起きて まだ涼しいうちに外のハーブやお花の水遣りをしたら もうあとは大抵家の中に篭ってる事がほとんどです。
今日はお気に入りのおやつの話題でも。。。

先日 アジアンマーケットの冷凍セクションで見かけて買ってみた台湾製のチーズケーキ。
c0181652_0474661.jpg

こ~んな感じ。
味、食感はというと カステラとパウンドケーキとスフレチーズケーキを足して割った感じ。(なんのこっちゃ)
いや、でもほんと、カステラよりもキメ細かく、パウンドケーキよりも軽く、スフレチーズケーキよりも噛み応えがあるというのが感想。
しっかり私好み、いいもの見つけた~!って気分です。

そして この時期好んで飲むコールドドリンク。
c0181652_05352100.jpgc0181652_05496.jpg

まずはいつものフルーツスムージー。冷凍しておいたいちご、ブルーベリーやラズベリー、そしてバナナやヨーグルトをブレンダーでガガ~っとね。
そして これまたアジアンマーケットで新発見の 冷凍濃厚シークァーサージュース。
フィリピン産ですが、沖縄のシークァーサーの味としっかり同じ。
なつかしい味がして喉越しもよく この時期私の#1!
c0181652_102158.gif

さぁ、DC8日目、オールドポストオフィス・パビリオンを後にして向かったのはこれまた スミソニアンひとつ、 映画、Night at the Museum - Battle of the Smithonian(ナイト・ミュージアム2)でもお馴染みのNational Museum of Natural History(国立自然史博物館)
博物館では植物、動物、化石、鉱石、岩石、隕石の標本や文化工芸品など、総数にしておよそ1億2千5百万個を超えるコレクションが収められているんだとかで 見所満載!
大人も子供も楽しめるだけあって、夏休みを利用した家族連れで賑わってました。
c0181652_113021.jpg
c0181652_114471.jpg

入館するとすぐに中央の大きなロビーで出迎えてくれるのが 世界最大のアフリカブッシュ象。
c0181652_12275.jpg
c0181652_121712.jpg
c0181652_125742.jpg
c0181652_13985.jpg
c0181652_134099.jpg
c0181652_135847.jpg
c0181652_141112.jpg
c0181652_142556.jpg
c0181652_144986.jpg
c0181652_15137.jpg
c0181652_151082.jpg

最後に人気の展示物、Hope Diamond(ホープ・ダイヤモンド)
なんと、なんとの45.52カラット!! 
映画、タイタニックで使われた Heart of the oceanというブルーダイヤモンドも このホープダイヤモンドがモデルになってるんですって。
c0181652_271910.jpg

[PR]



by ziggyus | 2009-08-16 01:05 | Travel | Comments(22)

More Bread & more DC -Day 8 Part1
先日焼いたパンがZiggyファミリーに大好評だったのに気をよくした私、今度はお惣菜パンを焼いてみました。
パン自体は ついこの間のホテルブレッドのレシピをそのまま使って、もちもち&ふんわり系。
c0181652_12391734.jpg

具はやっぱり自分の好きなものを好きな組み合わせでいかせてもらいます。
これはこしらえる人の特権ですからして。。。
c0181652_12401074.jpg

1.ソーセージ+バジルソース+チーズ 
2.ハム+チーズ+玉ねぎスライス+フレッシュパイナップル
3.ツナ・卵・コーンのマヨネーズあえサラダ+チーズ
あぁ、日本の味。。。(こちらでは惣菜パンなるものあまり存在しないので)
どれもすご~く美味しいけど なぜか息子は#1を、娘が#2、そして私は#3と一番の好みがはっきりと分かれました。喧嘩をせずに済んだからいいんですけどね。笑
いや~、でもあっという間になくなりました。 また作ろっと。。。
c0181652_12444726.gif

さぁ、DC巡り、2週間目に突入です。
もう少し続きますが、 興味のある方はお付き合いください。

月曜日の朝、この日は夫と同じ駅で降りずにもう2駅ほど行った Federal Triangleという駅で降りる事にしました。
出勤途中の皆さんに混じって改札を出たところでなんともよい音色が聞こえてきました。
地下鉄の改札からエスカレーターで上がっていく前のちょっとした通路(ロビー?)で2人の男性がチェロとバイオリンを演奏してる!
c0181652_1250313.jpg

それがね、この人達、多分オーケストラかなんかの楽団で演奏してる人なんだろうなって思うような きれいな音色でクラシックを奏でて 私なんて思わず柱のそばに(通勤途中の方達の迷惑にならないように)立ち止まってプチコンサートに聴き入ってしまったほど。
今更ながら ビデオ機能を使って撮って置くんだった。。。って思ってもあとの祭り。
みなさんにお聞かせできないのが非常に残念です。
それにしても 他の皆さん、出勤途中で急いでるのはわかるけど この素敵な音色を耳にしながら たまに前に置かれたバイオリンケースに通りすがりお金を落とす人はいても ほとんどの人が歩く速度を落とす事なく、 ましてや立ち止まって聴いてる人なんて私一人。
こういうのってきっと慣れきっちゃってるんだろうな~。

一通りの曲が終わって パチパチと1人拍手をしたらお二人とも私に向かって軽く会釈をしてくださった。
なんだか朝から得した気分で そのまま駅内のデリっぽいところに入って朝食を取る事に。
c0181652_12454689.jpg

ここも 結構通勤客で賑わっています。
自分の好きな物をお皿にとり、会計で重さを量って料金を払い、店内または外の中庭に面したテーブルでいただきます。
でもほとんどの人達(出勤途中)はテイクアウトにして それを持ってオフィスに向かっている感じでした。
私はというと、新聞を読みながらゆっくり朝ごはんを済ませて駅を出ます。

駅のデザイン。凝ってますよね。いいなぁ、こういうの。
c0181652_12493638.jpg

c0181652_12495465.jpg

c0181652_1482957.jpg

小さな道路を隔てて ど~んと構えているのがThe Old Post Office Pavillion(旧郵便局パビリオン)
c0181652_2214227.jpg

c0181652_1251625.jpg

c0181652_12541837.jpg

建物の前にはアメリカ郵政局の父と呼ばれる、初代郵政長官、ベンジャミン・フランクリンの銅像

1899年に完成したこの歴史的建物は、DCで初めて建てられた鉄筋ビルで 元来アメリカの中央郵便局として使われていたものらしいのですが さすがに建物の老朽化が進み、取り壊しのため閉鎖されるも 保護団体の運動によって 改修されて1983年に再オープンしたそうです。
ここでもやはり セキュリティ・ゲートを通り、中に入ると アートやオフィス、店舗やレストラン・フードコートが並んでいました。 アトリウムには巨大な中庭があり、正午に始まる無料コンサートに耳を傾けることもできるのだとか。
c0181652_12523610.jpg

私が入ったのは 時間的に早く、フードコート以外はほとんどまだ閉まってる状態でちょっと残念でした。
[PR]



by ziggyus | 2009-08-12 12:41 | Travel | Comments(16)

娘のこと DC 6&7日目
c0181652_5243827.jpg大変!台風9号の被害に合われた西日本地域の皆様、心配です。
自然災害というのは 予想できない上にその現象も破壊的だったりするのでほんと深刻な事態。
こちらは それとは対照的にカンカン照りの日が続いていて ニュースから入る情報のみですが、不明者が一刻も早く無事に見つかりますように。

月曜日、娘はお仕事お休みの日。 
大学もそろそろクラスが始まる事だし、やる事がいっぱいあるというので その日予定の入ってなかった私、一緒に過ごしました。
まずは 彼女の車のオイルチェンジをしに行き、学校の本屋さんに教科書を揃えに。
私、前の職業柄 大学・大学院の教科書がどれだけするのかは知ってはいましたが 実際に自分が支払うとなると ほんと、高いよなぁなんて思います。
安くても1冊$70ドルくらいから 高いのになると$150くらいしたりしますよね。
これが息子もいて、2人分ですから結構バカになりません。
過去に使用済みで クラスを取り終えた生徒が校内の本屋さんに売り戻すセカンドハンドの教科書は新しい本よりも2割引くらいで売っているものの、それもあればの話。
まぁとにかく 無事に教科書も揃い、モールに寄ってちょっと買い物をしながらランチを済ませ 出たついでに食料品の買い出しをしてきました。
娘と1日中一緒に過ごしたのって久しぶりかも。
今回、いつもは結構割高なRainier cherry(レニエチェリー)が1パウンドで$1.99という格安価格になっていたので手がでました。笑
あま~い&美味し~い!!そんでもって 嬉し~い!!

c0181652_601098.jpg その娘ですが、先日 なんともにやけた顔で仕事から帰ってきました。
話を聞くと モトクロスレーサーとしてこちらで名の知れるCarey Hart(ケリー・ハート)が娘の働く動物病院にワンコを連れてきたらしい。
彼は売れっ子ポップシンガーのPINKと結婚し、離婚したかと思ったらまたよりを戻したりとちょっとばかり話題が多かったりするのだけど、どうもラスベガスに住んでるんだとか。
彼がワンコを連れて入ってきたとき、かっこいい人だけどこの人どこかで見た事があるなぁなんて思い、往診のために名前を聞いてハッとしたんだとか。笑
有名人を目の前に会話をするなんて事無い娘、頭の中はフワフワと舞い上がりながらもその場はどうにか冷静さをキープ。
でも ケリー・ハートに“かわいい”と言われた事がことのほか嬉しかったようで にやけ顔はその夜もずっと続きました。笑
せっかくだから携帯電話を使って一緒に写真を撮らせてもらえばよかったのに、って言うと 仕事中そんなアンプロフェッショナルな事できないよ~。。。らしい。へぇ~、ちょっぴり意外!
c0181652_62912.gif

さぁ、月曜から金曜日にかけて続いたDCの観光、美術館&博物館めぐりですが、6日目、7日目の週末はそれはお休みにして夫とゆっくりリラックスタイムにしました。
食料品の買い出しに出かけたり、近所を散歩したり、映画を観に行ったりという感じ。
c0181652_6322156.jpgc0181652_633125.jpg

土曜日に観たのがICE AGE 3(アイスエイジ3) 日曜日にはI love You, Beth Cooperを。
両方とも楽しく観れました。
[PR]



by ziggyus | 2009-08-12 05:46 | Travel | Comments(20)

DC - Day 5
土曜日、1人で映画を観てきました。
1人っきりで映画館に行く事って滅多にないのですが、みんな仕事で出払ってたのでどうしても観たかったので。。。
観たのは 待ちに待っていた Julie & Julia
c0181652_944261.jpg

実在する(した)2人の女性を描いており、故ジュリア・チャイルドさんをメリル・ストリープが、そしてジューリー・パウウェルさんをエイミー・アダムスが上手く演じていました。
アメリカで フランス料理を広め、料理番組の先駆者でもあるジュリア・チャイルドさんが料理研究家になる馴れ初めと ニューヨークに働く派遣社員で30歳を前に いつもモヤモヤした気分でストレスをためていたジューリーが何かを達成させたい一心で ジュリア・チャイルドさんの料理本のレシピを全て(365日 524種類のレシピ)を実践する事をブログに記すという過程のストーリー。
ジュリアさんは2004年に亡くなってしまったため、実際にジューリーと顔を合わせることはなかったものの、ジューリーは毎日 ジュリアさんレシピのお料理を通してジュリアさんをどんどん身近に感じるようになります。
ジュリアさんにしてもジューリーにしてもご主人やお友達の理解とサポートがとても心に残りました。

そしてなんといっても嬉しかったのは なんと言っても 最近こちらで紹介した スミソニアンのNational Museum of American History(国立アメリカ歴史博物館)で見たばかりのジュリア・チャイルドさんのキッチンが 映画の中で出てきた事。。。
シアターに入って気がついたのは 観客のほとんどが40代かそれ以上の女性がほとんどだった事。笑
この映画に関して何の知識もなく観にいってもきっと楽しめるけど、ジュリアさんのレシピ本を持ってたり、彼女の料理番組を見ていた世代の人は倍くらい楽しめるんじゃないかな。

さて 家に戻ってPCの前に座ると この方のところでなんとも美味しそうな写真が。。。
それも材料が数えられるほどなので全部うちに揃ってるし~!ラッキ~!
さっき見たお料理満載の映画でお腹はぺこぺこだし、もう作っちゃうしかないでしょ~。
c0181652_9542415.jpg

麺つゆとお酢、そしてバターで味付ける“コクうま、バター照り焼きチキン丼”、あいにく我が家に常備してあった鶏腿肉は皮なしで パリッとした皮の部分が楽しめなくてちょっぴり残念でしたが、炊き立てご飯とうまくマッチして美味しかったです。
いっちゃん、ごちそうさま~。
c0181652_914178.gif

DC5日目の前日(4日目ですな)、いつものように朝、駅を降りてコーヒーショップに入り コーヒーを飲みながら駅前で配られる新聞を読んでたら 改造のためドアが閉ざされていたFord Theatre Museum(フォード劇場博物館)が2年ぶりに一般にオープンするという記事が目に入り、せっかくだから5日目の朝に訪れてみる事にしました。
c0181652_084076.jpg

創立144年ほどのこのフォードシアターは故第16代大統領のアブラハム・リンカーンが暗殺された場所として有名な場所。
現在は地下が博物館になって リンカーン暗殺について その資料が展示されています。
それほど大規模なわけでもないこの劇場、当日は大統領が観劇に来るということで 満席だったよう。
リンカーン大統領はこのバルコニー席で妻と従事、そしてその婚約者と観劇中に 南北戦争に於いて南軍を苦しめた元凶はリンカーンにあると思いこみ、リンカーンを暗殺しようと計画を練っていた俳優のJohn Boothによって射殺され命を絶たれてしまったらしい。
c0181652_2346043.jpg

その時 暗殺に使われたデリンガーピストル。
c0181652_0455148.jpg

リンカーン大統領の直筆の手紙。
c0181652_23462416.jpg

リンカーン大統領といえば 奴隷解放宣言をしたり、ゲティスバーグ演説の"government of the people, by the people, for the people"「人民から人民による人民のための統治」はあまりにも有名。
このフォードシアターでは現在もミュージカルや演劇パフォーマンスが行われているそうです。

このフォードシアターを後にして、とことこ歩いて向かったのが United States Holocaust Memorial Museum(米国国立ホロコースト記念博物館)
この博物館にはホロコーストで起こった事が 写真、文章、展示品、そして映像によって観覧できます。
c0181652_23464130.jpg

靴の山。強制収容所で、収容者たちがガス室に送られる前に、「今からシャワーを浴びるのだ」とだまされて脱がされた靴が、大量に積み上げられている有様を実物で再現してある。
The boy in the striped pajamas(邦題:縞模様のパジャマの少年)という映画がふと頭に思い浮かびました。
あのストーリーはフィクションだったけど、実際に似たような事が起こっていたんだと思うと 胸が詰まってくる想いがしました。
c0181652_23465751.jpg

私、恥ずかしながらもこの歳にして ホロコーストについては 子供の頃、アンネの日記を読んだり、ヒトラーがユダヤ人を撲殺したというなんともただの浅はかな知識しか持っていなかったので 今回この博物館で見聞きした事は衝撃的だったし、自分自身がホロコーストに対してどれだけ無知だったかを思い知らされました。

ワシントンDCに観光する方は 是非足を運んでいただきたい博物館です。
あまりにも残虐な映像などはお子様達の届かないくらいの壁で囲まれているほどですが、人間が同じ人間に対してこれほどまで残酷な行為が行われたという事実とその歴史を含め 人類の教訓として知る事は大切なんじゃないかと。。。

その日は金曜日、Casual Friday(カジュアル フライデー)という事でいつものスーツ姿ではなく 少しラフな格好で仕事に出かけた夫が半日お休みを取ったとの事で 午後は一緒にスミソニアンのNational Air & Space Museum(国立航空宇宙博物館)へ。
この手は彼の方が興味深々なのです。
c0181652_23471788.jpg
c0181652_23472794.jpg
c0181652_23474054.jpg

夏休み中という事もあって、たくさんの家族連れ、バスで駆けつけたサマーキャンプのグループで賑わっていましたが 数百におよぶ飛行機、宇宙船、ミサイル、ロケットなどの航空関連展示品が大規模に公開されていて ハイライト ライト兄弟の1903フライヤー、スペースシップ.ワン、アポロ11号司令船、ハッブル宇宙望遠鏡のテスト機など人気があるのも納得でした。
[PR]



by ziggyus | 2009-08-08 23:48 | Travel | Comments(22)

DC - Day 4 Part 3 (午後編)
またバジルをたくさん摘みました。
c0181652_4211737.jpg

これがどうなるかは このブログを読んでくださっている方はもうおわかりでしょう。
毎回同じで 面白味に欠けますが 美味しいんだからやめられません。

DC4日目の午後の日記に続きます。
c0181652_428276.gif

アメリカン・インディアン博物館をあとにして 次に向かったのは National Gallery of Art (国立美術館)へ。 
この美術館は東館と西館があります。
c0181652_60411.jpg
c0181652_602462.jpg

美術館に入ったものの、朝から歩きっぱなしで お腹は空いたしちょっと休みたくなって 館内でランチをとることに。
腹が減っては戦は。。。ですものね。
c0181652_645733.jpg

奥に見えるは Baked Peach。半分に切った桃をグリルで焼いてあるもの。 Yum!

さぁ、足を休め、食べ物のエネルギー補給もしたところで 肝心の美術鑑賞のはじまり~。
ゴッホ、モネ、ダヴィンチ、ピカソなどを含め、13世紀から現代アートまで数多く見る事ができます。
c0181652_605555.jpg
c0181652_615125.jpg
c0181652_62544.jpg
c0181652_621921.jpg
c0181652_623986.jpg
c0181652_625256.jpg
c0181652_63634.jpg
c0181652_632686.jpg
c0181652_635079.jpg
c0181652_64968.jpg
c0181652_643049.jpg

絵に近づいたり、遠ざかったりしながら見てまわること かれこれ3時間(それでも足りない!!)
仕事の終わった夫と食事に向かいます。
初めて入るレストラン、Coastal Flats、店内の雰囲気は レッド・ロブスターのような感じ。
スタッフの対応がとてもいい感じです。
c0181652_543355.jpg

食前に出てくる 焼きたてのロールとちょっぴり甘みのついたハニーバターが美味しいのなんのって。
c0181652_5432321.jpg

ふんわりバジル風味のマッシュポテトに、完璧な焼き加減のフィレミニョンステーキ、そして、クラブ(蟹)ケーキ。
このクラブケーキは今まで食べたのとはちょっと違って 見た目キャセロール風なのですが 蟹の身がゴロゴロ入ってびっくりするほど美味でした。
c0181652_6765.jpg

このレストラン、大層気に入ってDCに滞在中もう一度足を運んだくらいなのですが、チェーン店がこちらにないのが残念です。

この日は相当歩き回ったので、シャワーを浴びると頭が枕についた瞬間 ガーガーイビキをかいて寝ておりました(夫談)
[PR]



by ziggyus | 2009-08-07 06:07 | Travel | Comments(18)

DC - Day 4 Part 2 (まだ午前)
暑中 お見舞い申し上げます

c0181652_4493583.gif

日中の最高温度が40度をきったりするこちらの猛暑。。。今年の日本は冷夏と聞いて羨ましいと思ったものの、涼しさに伴って野菜不足とお値段UPというのは心配です。

暑中お見舞いしておきながら 暑苦しい話題で申し訳ないのですが、久しぶりにパンを焼きました。
卵やドライミルクも入れた2斤のリッチなバタートップのホテルブレッド。。。
オーブンで焼き始めて15分頃から 家中にパンの焼ける香ばしい香りが広がり、子供達も集まってくる始末。(ご飯 食べさせてないみたいだよね。笑)
c0181652_1218622.jpg

c0181652_12292193.jpg

今回は ホームベーカリーを使わず、スタンドミキサーに頑張って捏ねてもらい、いつもよりもちょっと長めの捏ね時間にしてみたのですが、焼き上がりを割ってみるとこ~んなフワフワ感。
ちょっと熱を冷まさないといけないのに待てなくて スライスしたらみんなの手が伸びてきました。
あっというまに半分が皆のお腹に消えました。
今までで一番の出来だったようです。やっぱり 焼きたてパンは魅力的ですね。

相変わらず 続きます、DCの覚書き。。。
今の私の頭脳ではメモリー機能がどんどん衰えておりますゆえ、今のうちに書き記しておかないと きっとあとで DCで何見たんだっけ?ってな事になりかねないので。。。
興味がある方はどうぞお付き合いくださいね。
c0181652_4484318.gif

c0181652_532367.jpg

さぁ、朝の早い時間にユニオン・ステーションに到着し ゆっくりのペースで国会議事堂まで歩いた訳ですが、その議事堂正面に向かってすぐ右側、目と鼻の先にあるのが US Botanic Garden、植物園!
c0181652_544565.jpg
c0181652_56877.jpg

入り口付近の植物のアレンジも 参考になります。
c0181652_573285.jpg
c0181652_581183.jpg

さぁ、中に入ってみましょう。
中はいくつかの部屋がドアでしきられ、それぞれ温度・湿度調節が管理されているのがよくわかりました。
特にジャングル地帯の植物のある部屋に入ると いきなりム~ンと蒸し暑かったり。。。
c0181652_5902.jpg
c0181652_591570.jpg
c0181652_593019.jpg
c0181652_594879.jpg
c0181652_510441.jpg

植物園を後にして 次の建物、National Museum of the American Indian (国立アメリカン・インディアン博物館)へ。
c0181652_52410100.jpg
c0181652_5242556.jpg

Friz Scholderというアーチストの絵や彫刻作品がたくさん展示されて、インディアンのクォーターである彼の目から見た、そして感じたインディアンの印象が実に興味深く、じっくりみましたが この展示は撮影禁止となっていたので残念ながら写真はなし。
興味があるかたは こちら または こちらのサイトで見ることができるようです。
[PR]



by ziggyus | 2009-08-06 05:13 | Travel | Comments(21)

DC - Day 4 Part 1 (午前)
暑くて外に出来る気にもならず、特に日中は家にこもってる事の多い今日この頃。
久しぶりに 水彩色鉛筆を出してきて描いてみました。
c0181652_1318917.jpg

いわさきちひろさんの次くらいに好きなイラストレーター、Marjolein Bastin (マロリン・バスティン)さんの絵を模範にしてみる。
彼女の絵は 動物やお花など、自然をモチーフにしたものが中心で なんといっても優しいタッチのイラストは 見ているだけでホッとする感じ。
結構集中してたら 数時間があっという間に過ぎました。
夕ご飯の準備があるので仕上げはまた後ほど。。。

さぁ、ワシントンDCの4日目です。どれだけ覚えてるか なんだか不安ですが、まぁ写真だけでも。笑
c0181652_13454737.gif

この日も 朝は夫と同じ駅で降りずに そのまま何駅か越してユニオン・ステーションという駅で下車しました。
DCメトロの他に アメリカ全土をネットワークで走る列車、AMTRAK(アムトラック)の駅、これまたアメリカ全土を走るバス、Greyhound Lines(グレイ・ハウンド)のステーション、その上DCダウンタウン観光用のツアーバスのステーションの他、カフェやレストラン、ショップ類も入っていて、かなりの規模の駅。

1980年代に3年かけて大掛かりなリフォームがされていますが 100年ほどの歴史もあり、まさに東京駅と重なる気がします。
c0181652_1415288.jpg

駅構内のホール
c0181652_14152641.jpg
c0181652_14154999.jpg
c0181652_14161377.jpg

コーヒーを飲みながら この素晴らしい建築物に見惚れたところで さぁ、そろそろ出発!
ユニオン駅を出て 他の出勤途中の人達に混ざって 南方向、国会議事堂に向けて歩き出します。
c0181652_14211180.jpg

出勤の方々と私の違いは 皆さん、行儀良く列を作って歩いてるのに 私はというと いろんなものに目が止まり くねくねと右に寄ったり左に寄ったり、とにかく他の方達の迷惑にならない程度に。。。笑

途中、目がとまったのは きれいに管理された道端の木花。
c0181652_14215939.jpg
c0181652_14221368.jpg
c0181652_14223082.jpg
c0181652_14224782.jpg

Supreme Court(合衆国最高裁判所)の前。
ちょうど私の滞在中に オバマ大統領が最高裁判事として任命したソニア・ソトマヨル判事が 上院の承認を得るためのConfirmation Hearing(聴聞会)が行われて、彼女が女性というだけでなく、ヒスパニック系(彼女自身は ニューヨーク・ブロンクス生まれ)という事で 彼女の発言ひとつひとつが ニュースや新聞に取り上げられて 毎日話題になっていました。
c0181652_14233937.jpg


こちらはLibrary of Congress (米国議会図書館)のトーマス・ジェファーソン館。
c0181652_1425968.jpg

そしてその手前にそびえたつのが 政治関係のニュースを見ていると必ずと言っていいほど 出てくる建物、Capitol Hill(合衆国 国会議事堂)
こちらは 北側から見た図。裏側になるのかな?
c0181652_14262082.jpg
c0181652_14264639.jpg

建物の横をぐる~っと回ると。。。
c0181652_14271953.jpg

南から見た図。 正面です。。。多分。
c0181652_14282896.jpg


今日はこの辺で。。。
[PR]



by ziggyus | 2009-08-04 14:31 | Travel | Comments(27)