カテゴリ:Handcraft( 45 )



赤ずきんちゃんの布
   最近は春らしく 暑くなったり寒くなったり。。。その上、日中と夜の温度差がひどくて体温調整が難しいと感じています。
ここ2、3日は強風で 何度も携帯の非常警報がなったほどで、今日見てみると 窓ガラスの汚れが気になりました。 今週末は外壁と窓ガラスを洗う作業が待っています。
日本はもう4月1日、エイプリルフールですね。
4月といえば 入社、入学、フレッシュマンが新しいスーツや制服を着てドキドキしながら通勤、通学をする頃でしょうか。

   赤ずきんちゃんのファブリックを使ったベビーキルトがあっという間に仕上がりました。 ミシンを使ったのであっという間!
c0181652_05522322.jpg
裏布もまたまた可愛い! やっぱり子供用の布は見ていて楽しいですね。
c0181652_05524724.jpg

   そして ついさっき仕上がったのが、これ、また別の小さなお嬢さん用のバックパック。
型紙も何もないまま行き当たりばったりで布を切って塗った割には結構 バックパックらしく仕上がりました。
c0181652_05531394.jpg

後ろの紐の部分はシンプルに。。。まだ小さなお子さんなのでなるべく軽く、小さめに、ちょっとお出かけの時にお出かけ先で遊べるものや小さな絵本を入れられるはずです。
c0181652_05533833.jpg
思いの外 うまくいったので 今度は孫ちゃん達用にもこしらえてみようと思います。
でも男の子だからなあ、赤ずきんちゃんっの布ってわけにもいかないし、もうちょっと男の子っぽい布を探して見ます。

   先日紹介した卵調理器で作ったポーチドエッグで ある朝食、エッグベネディクトにして見ました。
夫からも評判良く、ますますおもちゃのような卵調理器に満足しているところです。
c0181652_05511550.jpg




[PR]



by Ziggyus | 2017-04-01 05:57 | Handcraft | Comments(4)

咲いた〜! + Beauty & the Beast
  一度咲き終わった胡蝶蘭にまた芽が出てきたとワクワクし始めて1ヶ月ちょっと。。。
c0181652_09273934.jpg
とうとうお花が開き始めました!!
一度全部咲き終わった後、どの部分を選定していいかもわからぬまま適当に切っておいて後は定期的(4、5日に一度)少々の水分補給をするくらいだったので なんだか奇跡のようで(私にとっては)嬉しいです。
まだいくつか蕾がついているので これも全部綺麗に咲いてくれるはず。
c0181652_09280479.jpg
バレンタインデーにもらった胡蝶蘭もいくつかお花が落ちたものの、まだまだ綺麗に咲いてくれています。
うちは キッチン、ダイニング、そして居間が一つのオープンスペースで、一日大抵この部屋にいることが多いので 随分とこのお花に癒してもらっているのと、何と言ってもちょっとしたシンクの目隠しになるのも嬉しい。

   さて、先週末、夫とディズニー映画、Beauty & The Beast (美女と野獣)を観てきました。
c0181652_09285606.jpg
Beauty & The Beastといえば かれこれ25年ほど前にディズニーがアニメーション映画で製作して以来、娘が未だに一番大好きなディズニー映画。
まだ小学校にもいかない頃から 主人公のベルに憧れていたものです。
ハロウィンの衣装ももちろんベルの黄色いドレス、パパがディズニーストアから買って帰ってきたら それはもう天に舞い上がりそうな喜び方でした。
c0181652_09271395.jpg
このドレス、お気に入りすぎて確か2年続けてハロウィンの衣装として着たはずです。
さすがに2年目にはもうパツパツだったけど もし入ったら 何年でも着てたかも!

。。。と話は逸れましたが、こんかいのBeauty & The Beast、少しばかり内容が変更されているとはいえ、俳優さん達の歌も聞き覚えがあるから懐かしい気分で 観ながら口角が上がるほど楽しめたし、CGももちろんさすがディズニー、綺麗でした。
25年前に 映画館へこの映画を観に連れて行った小さかった娘が つい先日には子供達二人(孫のBちゃんとAちゃん)を連れて家族で観に行ったらしいです。 これもなんだか感慨深いものがあります。
ミュージカルとしてもとても楽しめると思うし、オススメです。
どのキャラクターももちろん良かったけど、私は何と言っても ミセス・ポット役の エマ・トンプソンさんが好き。
ほとんど最後あたりまで声ばっかりだったけど。。。

東の方はずーっとスノーデーが続いていたというのに ここと一緒で アリゾナ州にいる娘のところもかなり夏日和が続いているらしくて この通り。
c0181652_09263328.jpg
c0181652_09283471.jpg
c0181652_09260236.jpg
スプラッシュポッドでもう水遊びに興じているようです。
それにしても 孫2号のAちゃんは 14ヶ月にして最近一人で歩けるようになったものの 座るときはいつ見てもこういう風にひざまづき。。。やっぱり日本人の血は争えないみたい、っとちょっとばかし嬉しい発見。

   ベビーブランケットの方も着々と進んでおります。
c0181652_09252935.jpg
パターンもなく、ただただ正方形に切った布を繋げただけのピーシングが終わり、これからバティングの棉と裏布を重ねてキルティング作業。
時間があまりないので マシンキルトになってしまうはず。
頑張りまーす!








[PR]



by Ziggyus | 2017-03-23 00:21 | Handcraft | Comments(2)

意外と便利なキッチン雑貨
   東側は大雪で 飛行機の便はキャンセルが続き、公共交通機関も学校もお休みが続いているというのに、ここ、ラスベタス地方は 午後2時には28度まで上がって、ちょうど外出中だった私は思わず 車の運転中、冷房をつけてしまったという。。。なんなんでしょう、この違い!
街並みも もちろん東地方の雪景色ではなく、木々はふさふさと新緑をたくさんつけて初夏を感じさせてくれています。

   今日は 最近買ったキッチン雑貨で 思ったよりも使い勝手がよかった道具を紹介します。
c0181652_07374995.jpg
”思ったよりも。。。”なんて書いたのは この風貌。プラスチック製で、なんともおままごとのおもちゃみたいで あまり期待していなかったから。
ショップで ”なんだろう、これ。。。”って思って手にとって箱の表面に書かれているのを読んでいたらショップの店員さんが近づいてきて、その方もこの品物を買って使っていて、とてもよいと背中を押してくれたので ”使ってみっか。。。”みたいな軽い気持ちで買い求めたもの。
DASH社の卵調理器です。
少量のお水を注いで ゆで卵も温泉卵も、そしてオムレツも ”蒸す”のですよ。
c0181652_07380527.jpg
ゆで卵は一度に6個。茹で加減は入れるお水の量(前方のカップ)で調整して、水が蒸発してなくなるとブザーが鳴って知らせるという機能。
固ゆでだとボタンを押して8、9分くらいでできるので お湯が沸く時間を考えるとお鍋で作るよりはちょっぴり短縮です。
c0181652_07382467.jpg
そして ポーチドエッグ(温泉卵)も、あっという間。水を少量下の部分に注いで 卵を器に割って、蓋してボタンを押すだけ。
オムレツはまだ挑戦していないのですけど、このポーチドエッグは何度やっても 完璧。 今度 エッグベネディクトでもやってみよう。
c0181652_07385204.jpg
今朝は 最近気に入っている ナッツや麦、レーズンがたっぷり入った全粒粉のベーグルと。。。

このおもちゃっぽい 卵調理器、今の所ひとつだけ気に入らない部分があって、それはブザーの音。
もう、なんとも火災探知機みたいな音で耳障りなこと。鳴ったらもう瞬時に飛んで行ってボタンを押しています。
朝っぱらから この音はちょっとね。。。なのです。

   私、普段 キルト用に布を選ぶ時って 柄よりも色重視な事がほとんどなのですが、なーんとも可愛らしい柄の生地を見つけて買ってきました。
c0181652_07393646.jpg
赤ずきんちゃん。。。016.gif
もちろん 自分用にはちょっと無理があるので(笑)、お友達のお嬢ちゃん用に。
c0181652_07395589.jpg
この布、いつか女の子の孫が生まれる事があれば 是非作ってあげたいと思ってちょっと余分に買っておきました。
ショップの方によると、布はどんどん在庫が変わって 製造会社も本と同じで同じデザインをプリントし直すという事はそれほどないので ショップ側も同じデザインを2度目オーダーすることはほとんどないらしいのですよ。だから、念のため、です。




[PR]



by Ziggyus | 2017-03-17 08:16 | Handcraft | Comments(4)

もの足りなさ
   最近なんだかやけにポカポカと暖かくなってきた こちらラスベガス地方。只今の気温は16度。
いえ、とても過ごしやすくていいんですよ。暖房も冷房も要らないし、愚痴なんて言ってたら罰が当たるのはわかるんですけど でも今はまだ2月、ちょっと夏に向かうには早すぎるんじゃないかと内心ヒヤヒヤでの冬女でございます。
カナダに住む妹のとこなんて 今 なんとマイナス22度。冷凍庫の中で暮らしているようなもので、それを羨ましいかといったらまたそれは違うんですけど、やっぱり2月には2月らしい気候であった欲しいというかね。

   先日仕上がった”赤系”のひざ掛けは無事に知人に届き、大変喜んでもらえて私としても大変嬉しいし、ホッとしているところで もう一方自分用のひざ掛けの方も仕上がりました。
c0181652_02434842.jpg

c0181652_02444950.jpg
前から気になっていた 藍色の布を使って、裏布は前回と同じくフランネル生地で 柔らかく肌触り抜群!
ただ。。。
マシンキルティングをしたせいで キルティングが1日で終わり、バインディングも裏の仕上げだけ手縫いでこれも1日。
家事をほったらかして こればっかりに集中したら全部が1日で仕上がってしまうかもってほどの早さでした。 完成してもちょっとした物足りない感は拭えない気がします。

   そして 先週のある日、お友達に誘われて和食ランチをご馳走になりました。
c0181652_02534439.jpg
初めて行ったこのお店は ”きゃら”という居酒屋さんで、お昼には美味しいランチメニューを提供してらっしゃるようです。
ランチメニューの中から 3人とも同じく 刺身定食をオーダーしたのだけど、この通りお刺身が氷の上に盛ってあったり どれも美味しくてお店の雰囲気も含めてなんだか自分が日本にいるような錯覚に陥りましたよ。 うちからだと結構距離があるけど、また行きたいな〜って思いました。

   そのランチの帰りに いつも行く Home Goodsという雑貨屋さんに寄って 見つけたのがこの水切りかご。
備え付けの食洗機があるからそれを使えばいいのだけど、なんせうちは今 夫と私の二人だけ。
それも ほとんどの食事がうちではワンプレートなため、普段それほど洗い物が出ないのと、お鍋類、プラスチック類やお箸など食洗機を使わないことにしているので 結局は ささっと手洗いで済ませてしまうのが常。
それでも キッチン・ダイニング・居間が大きな一部屋でかなりオープンスペースになっている我が家、大きな水切りかごをずっとカウンターに置きっぱなしなのも気がひけるので 今まではそれ用のマットを敷いてその上に洗った食器類をおくようにしていました。
c0181652_02544030.jpg
c0181652_02550579.jpg
なんてことはない プラスチック・シリコン製のバスケットなんですけど、大きさといい、使わない時にはこうやってたたんでキャビネットにしまうことができるので ちょうど探していたものを見つかった感じで 嬉しいです。

   最後のおまけは 孫1号のBちゃんの寝顔写真。
弟もできて 只今4歳、ぐんぐんお兄ちゃんらしくなってきたとはいえ、やっぱり寝顔はまだ幼児。
c0181652_02552686.jpg
それにしても なんなんでしょう、このまつ毛の長さ。。。羨






[PR]



by Ziggyus | 2017-02-08 03:24 | Handcraft | Comments(6)

手縫い vs. マシン
   気温が一桁の日が続いている割には 日中は太陽が燦々と降り注いでポカポカ陽気に感じてしまう日が続いています。
近所の山もこの通り。。。
西側
c0181652_16123779.jpg
北側
c0181652_16130353.jpg
ラスベガスは周りを山に囲まれた盆地なので 結構どこの方向を見てもこんな感じ。

   さて、本題の 手縫い vs. マシン。。。 ですが、先日ピースワークをした二つのうちの一つのキルトが仕上がりました。
c0181652_16185918.jpg
私、パッチワーク・キルティングを初めて30数年が経つのだけど、今まではもっぱら手縫のキルティングばっかりしてきたのに、今回初めてマシンキルトに挑戦してみたのです。
こちら、アメリカのキルターのほとんどはマシンキルトといって ミシンを使って作るキルトが主流みたいで、実際にここに住んで30年 手縫いをするアメリカ人のキルターを見たことも 会ったこともないほど。
近所のキルティング・ショップでは 布を中心に材料の販売の他に 教室(ミシンキルトの。。。)を開催していて、あともう一つ、なんと 見た目はほとんど工業用のロング・アームミシンを使ったキルティングサービスまで料金設定されているのですよ。 だから大きなベッドカバーなどを作る人で ピースワークだけ自分でやって、あとのキルティングは料金を払ってお店にやってもらうという仕組み。

マシンキルトは 確かに頑張れば2、3日もあれば完成しちゃうほど スピーディなので どんどん次のプロジェクトに移れるため 自由な時間があまりない人、または 神経痛などで指の節々が痛くて手縫ができない人には合っているかも。
今回 バインディング(裏側)以外 ミシンでピースワーク、そしてキルティングまでやってみた感想は ちょっと物足りないような。。。
手縫いの チクチク作業が楽しかったりするのでそう感じたのかもしれないけど、まあどっちにも利点・弱点はありなのだから その人にあったやり方で楽しむのがやっぱり一番ですよね。

私も、これからはマシンキルト・手縫いキルト、両方楽しむようにしたいと思っています。
ちなみに 今回のこのキルトは 知人に贈る膝掛け。
c0181652_16440745.jpg
裏は なんとコットンではなく 柔らかく肌触りのいいようにフランネルの布を使ったのだけど、これは正解!! 触り心地抜群です。
ここ数年 色々あった彼女にはとにかく元気を出してもらいたくて、両面とも明るい色合いにしました。
気に入ってもらえますように。。。

   それともう一つ、オーダーしてあった 布の裁断に使うロータリーカッターが届きました。
c0181652_16544391.jpg
これが、今まで使っていたカッター 
と比べて まず手に面白いほどフィットして、その上 手や手首に力を入れなくてもすすーっと布を切ることができるのですよ。
まだ試してないけど 最大30枚まで重ねてカットできるんだとか。
そして一番の利点は切る時に手首を捻る必要がないので真っ直ぐ、またはいろんな方向に自由が効いて正確にカットできること。
今までちょっと苦手だった 布を切る作業が楽しくなりそうな予感がしています。







[PR]



by Ziggyus | 2017-01-28 17:18 | Handcraft | Comments(6)

ありがたい
   先日、また一つ歳をとりました。
今回は いつに増して自分がどれだけ人との関係に恵まれているかを実感しました。
まず、お誕生日前日、近所のお友達が持ち寄りでバースデーランチに誘ってくれました。
お料理はもちろん、ケーキまでみんな手作りで 美味しかったのなんのって。。。(写真を撮るのを忘れたブロガー失格の私)
私は ずっと気になっていた 炊飯器で作るカオマンガイというタイのチキンライスをこしらえてみたのだけど、これが美味しいのなんのって! (これも写真無し、すんません)
初めて作ってみた割にはみんなもそれはそれは気に入ってくれてすぐに完食。 これはリピ決定。 

そして クラフト仲間でもある ”超”がつくほど器用なRさんが作ってくれたのがこれ!
c0181652_08590788.jpg
大きいトートバッグ、めっちゃくちゃかわいくないですか〜? 
しっかり綺麗な刺繍が施されていて、使うのが勿体無いような気もするけど どんどん使わせてもらいます!

そして バースデー当日、朝普段通り起きて 朝食と夫のランチをこしらえようとキッチンに向かおうとすると夫からストップがかかり、今日は何も作らないようにという御達しが。 それですぐに着替えて 朝の6時から近所のスポーツバーへ。
朝からスポーツバーなんてふざけてる!って思いますよね!? ねっ!?
実はそのスポーツバーは24時間オープンで、店内も綺麗で、週末の朝に夫とよく朝ごはんを食べに来る場所なのです。
ここのお料理、なんと朝6時から10時までは全メニュー(飲み物以外)半額、それも毎日そうなのだ! 
c0181652_08594539.jpg
いつものコーヒーとほうれん草とマッシュルームのオムレツをいただき、朝食を済ませた後 夫はそのまま仕事のためオフィスへ、私は帰宅。
家に帰ると 娘や孫っこ達からフェイスタイムがあってバースデーソングを歌ってくれたり、カナダに行ってる息子からフェイスタイムがあってちょうどその最中に 彼が送ってくれたお花が届いたり。。。
c0181652_09012361.jpg
カードや フェイタイム、電話はもちろん、ブログのコメントや遠く離れた日本のお友達からもLINEやメールでも”おめでとう”メッセージをたくさんもらって なんだか今までになく 家族やお友達との繋がりがありがたく感じて 感謝の気持ちを幸せを噛み締めた一日でした。

夕方には 夫の職場で待ち合わせて そのまま夕食に出かけます。
c0181652_09015004.jpg
ベガスに住んでいるとはいえ、滅多にあの観光名所、ラスベガスブルーバードの通りまでやってこないのですが、この日は ストリップ(ラスベガス・ブルーバード)からかなり奥まった、知る人ぞ知る隠れ家的イタリアン・レストランへ。 
その名も Casa di Amore
ここは一人では歩きたくない地区で、レストラン自体も外から見ると ”ここ、入っても大丈夫? いかがわしいところじゃない?”って思うような風貌なのに、5時のオープン前から行列。
私達のすぐ前でオープンを待っていたカップルは 他州から観光できていて、ベガスに来るたびにこのお店の予約を取って食事をするんだとか。
中は”ベガス”的な風情があり、生バンドがフランク・シナトラの曲とかを雰囲気よく歌ってBGMになっています。
c0181652_09010631.jpg
まずはすぐに出て来るバゲット。。。毎日お店で作って焼いているらしく、美味しい〜!
c0181652_09004505.jpg
アペタイザープレート。 イカ、エビ、ラビオリ、チーズのフライ。マリナラソースによく合います。
c0181652_09002187.jpg
私のオーダーしたのは Cioppinoという魚介類のブイヤベーススープ。
魚介の美味しさがぎゅっと詰まっていて美味しい。
夫はラザニアをオーダー。
最初のパンとアペタイザーでかなりお腹が膨れてしまってこのスープも半分持ち帰ることにしたのですが、バースデーということで、お店からサービスのデザート、カノーリ
もお持ち帰りにしてもらうことにしました。 そしたらちゃーんとキャンドルまで入れてくれる心遣いまで。
c0181652_09021817.jpg
翌日いただいたCannoli、甘かったけど、ブラックのコーヒーによく合います。

   昨日はベガス地方にしては珍しく一日中雨。。。
こんな日は家の中で”チクチク”縫い物をするに限るのだけど、そのチクチク作業で必要なものがいくつかあって、午前中に雨の中 JoAnn'sというショップに行って買い物をして 午後はこの間カットしたピースをつなげました。
c0181652_09025587.jpg
アイロン、カット、ピースをつなげてまたアイロン。。。アイロンは欠かせません。
今回は 同じパターンだけど 全く違う色合いのを二つ同時進行です。
一つは贈り物。
これから裏布とバティングを重ねてキルティングの始まりです。

週末も雨模様らしい。 フーバーダムの貯水量が危険なほど下がっているようなので、これは恵みの雨、どんどん降って欲しいところです。







[PR]



by Ziggyus | 2017-01-21 15:34 | Handcraft | Comments(6)

明けましておめでとうございます
   遅ればせながら 新年明けましておめでとうございます!
c0181652_04484546.jpg
元旦の朝、夫と私は朝食を食べに行きました。。。というほど こちらでは日本のような”元旦”の特別感がないのですが 飾りだけは恒例の お友達が作ってくれたこの可愛らしい陶の鏡餅を毎年飾って 雰囲気だけでも楽しんでいます。 バックのライトは私が昔陶芸教室に通っていた頃に作ったライトカバー。手毬と羽子板、お花を彫ってあって、ほのかな優しい灯りが”和”の雰囲気で気に入っています。

   年末、娘家族が帰ってから まず夫が風邪をひき、年明け早々私も少々風邪気味。。。でも”風邪なんか引かないぞ〜!”なんてビタミンCを取りながら戦っております。
昨日は 重い腰を上げて クリスマスのデコレーションを片付け、家中のお掃除をしたのだけど、朝から始めて、全部終わってグターッと座った時にはなんと夕方6時半になっていました。 おかげで今朝は体の節々が。。。 
今日はおとなしくじーっとして PCの前に座って久しぶりにブログでも投稿することにしました。
c0181652_05010437.jpg
これは昨日の片付けの最中の様子。。。まるで引越しでもするかのごとく、です。
でも無事ちゃんと全て元の箱に戻して、今年の12月まで倉庫で待機。

その倉庫。。。なのですが、西海岸側の家々というのはなぜか地下室も屋根裏もない家が多く、”もの”を保管するのは家の中に建てつけられたクローゼット、またはガレージの中となってしまうわけで。
我が家も 各寝室のクローゼットの他には キッチンに小さなウォークインパントリーと玄関のそばにジャケットなどを入れておく小さめのクローゼットと廊下の端にもう一つクローゼットがあるのみ。
断捨離がお上手で”もの”を増やさないシンプル生活をなさっている素敵な人達に聞かれると叱られそうだけど、上の写真を見て頂いたらお分かりの通り、うちではクリスマスデコレーションのグッズだけでもかなりスペースが必要なわけで。。。
まあ 前置きが長くなっちゃいましたが、私と夫、パントリー兼ストーレージ(倉庫)の部屋を確保するべく、一年を通してほとんど使うことのない フォーマル・ダイニングルームをそのパントリー兼倉庫部屋にする計画を立てたのですよ。
それが二年半も前のこと。。。
これが 業者さんをお願いしてやればよかったのだけど 何しろうちのオット君というのが こういうプロジェクトを自分でやりたがる人で、もちろん私は必然的に助手のようなポジション。始める前、私は組み立て式の本棚とかでも並べて、っていうので十分だと思っていたんですけどね。

フォーマル・ダイニングルームというのはもちろんオープンなスペースなので、まずはフレンチドアを取り付け、天井中央ににかけられてあったシャンデリアを取り除いて、代わりにシーリングライトを6つほど取り付け、それから 壁全体に棚を作るわけですが、天井のリセスライトの取り付けだけでも オット、屋根裏を這いつくばって穴を開け、電線を通してかなり大変な作業。
途中までやって、”暑いから夏が過ぎてから。。。”とかいろんな言い訳をしながら ゆっくり、のんびり 亀の歩みで二年半経った今、やっと出来上がりましたよ。
これが全体図。もちろん普段はドアは閉めてあります。
c0181652_05284947.jpg
真ん中に鎮座しているどかーんと黒い物体は冷蔵庫。 
買い置きしている冷蔵・冷凍保存が必要なものはこの冷蔵庫に。。。
その冷蔵庫の後ろも両側棚になっています。
c0181652_05325937.jpg
向かって右側通路が私の思うところの”倉庫” クリスマスグッズはもちろん、年間を通した行事のものとか、色々。私のミシンやめちゃくちゃ増え続ける布類もここに。
c0181652_05345612.jpg
そして左側は 食料品や料理道具など専用のパントリー
c0181652_05370432.jpg
奥には 六年前に買ったこの時のキャビネット。
c0181652_05500965.jpg
下の部分にUnfinishedの引き出しキャビネットを買い足して 同じ色にペイントし、引き出しのノブを付け足しました。
琉球ガラスや 自分で作った器、頂いた器などを飾ってあります。

もう、ここのところ何度ホームセンターに通ったことか。。。常連になって顔見知りのスタッフも何人かできました。
今回、本当に、夫婦共々自らの体がかなり老化していることを思い知らされましたよ。 
とにかく動きが鈍いというか、すぐ疲れるというかね。
私はあくまでも”助手”的な役割で メインはほとんどオットが頑張ってくれたものの、いや、もうしばらくは 木材とか触りたくないし、家のプロジェクトはなるべくそういうのを専門にしている業者さんに頼みたいなというのが本音。

まあでも、こればかりは完了して本当に 嬉しいです。
あのハワイアンキルトが完成した時に勝る達成感!

。。。ということで、歳とともにブログまで亀の歩みになってきた このぐーたらブログですが、新年もどうぞよろしくお願いいたします。
このブログを読んでくださっている ボランティア精神満載の優しい皆様にとって 素敵なことがたくさん起こる、よい一年になりますように。




[PR]



by Ziggyus | 2017-01-06 06:22 | Handcraft | Comments(6)

雑貨大好き
   私にしてはかな〜り珍しく 同日に2度も続けざまの投稿です。(明日雨降るかも。。。023.gif057.gif
こちら米国は 明日 ベテランズ・デーの祝日。
3連休となるので 久しぶりにカリフォルニアに住む義妹夫婦のところを訪ねる予定。 いつもは彼女達が会いにきてくれるので たまにはね。

義弟(といっても 私と同い年)のR君はつい先月バースデーを迎えたのですが 先日クラフトショーに出かけた時にぴったりのプレゼントを見つけたので迷うことなく購入。
c0181652_03503477.jpg
約三十年前、その頃は義妹にとってただのルームメート兼友達だったR君に初めて会った時、彼はその時から愛車のハーレー・デイビットソンをピッカピカに磨いている最中でした。 あれから十年ほど経った頃に二人は結婚し、何度か買い換えたものの、やっぱり今でもハーレー・デイビットソンに乗っていて、暇があれば磨いているようです。
彼は本当に温厚で面白い人で、彼の笑い声を聞くと周りの人も皆つられて大笑いしてしまうような楽しい人。

バースデーではないけど 義妹にも何か贈りたいなって思って 私の大好きな雑貨屋さんに行ってきました。
お店は早くもクリスマス用の雑貨がたくさん並んでいます。
入るなり目に入って気に入ったのがこれ。
c0181652_02455313.jpg
c0181652_02465497.jpg
ちょっとしたジョークがなんだか微笑ましくて、妹にぴったりかと!
家で仕事をしている彼女が 合間にちょっとホッと一息つけるようなアイテムを選んでみました。
c0181652_03494587.jpg
c0181652_03511849.jpg
これで 二人への贈り物は準備万端!

他にももちろん自分用のも。。。
c0181652_02452167.jpg
これは 形といい、ちょっと大きめのサイズといい、一目惚れしたマグ。
ちょうど両手にすっぽり、好きなこれから頻繁に飲む ラテ用にします。

c0181652_02473685.jpg
これは 以前から欲しいなと思っていた 加湿機能付きのディフューザー。
年中空気が乾燥しているベガス、これからの時期は特に暖房とかがついて乾燥が酷くなるので便利かと。
お水を入れて、アロマオイルを数滴垂らせば 落ち着く香りのスチームが漂うので 特に座って キルトしたり読書したりする時には癒しの時間になりそう。
決まった時間に電気が切れるようになっているので もちろん夜寝るときでも使えます。 全然機械音がしないのも◎。そして どんどんトップの色が変わっていくのも見ていて癒されます。

   キルトといえば、あのハワイアンキルト、まだ終わっていません。。。でもちゃんと進んではいますので なんとか今年中には仕上がりそう。
でも同じことばっかりだと飽きるので キルトの合間にエコバックを縫ってみました。
c0181652_01343588.jpg
c0181652_01350296.jpg
先日、息子の彼女のお誕生日だったので、一つは彼女に。もう一つは自分用で。。。
片面はお揃いの布で、両方ともリバーシブルにしました。
キルトとは違って こういった小物は数時間でできちゃうので楽しい! 
彼女、とても喜んでくれてすぐにメールをくれました。よかった!

それでは、行ってきまーす!







[PR]



by Ziggyus | 2016-11-11 06:53 | Handcraft | Comments(2)

日本製万歳!
   暑中お見舞い申し上げます。

   毎日最高気温が40度を越す日々が続いている今日この頃、必要最低限外出をしたくないのですが、湿気がとてつもなく低いこの地域で この時期出かけなければいけない時には 水分補給必須、お水を持ち歩いています。
でも普通のペットボトルだと 車の中に置いておくと 数時間でぬるいどころか 白湯になってしまうこの暑さ。
。。。そこで とても重宝しているのが この象印のステンレスマグ。
c0181652_5164412.jpg

薄くて軽いのに 氷と水を入れておくと 翌日まで氷が残っていて 保冷、保温に関してさすが象印!!と称えたくなります。

   夏のフルーツ、マンゴーがとてもお手頃価格で手に入る季節になりました。
こちらの店先にあるのは メキシコ産が多いのだけど、この時期はサイズも大きめで甘さもたっぷりなマンゴーが2個で1ドルとか、セールの安い時には3個で1ドルとかで手に入ります。
c0181652_5171848.jpg

日本で 宮崎産、沖縄産とかのマンゴだと すっごく高価ですが、ここではもったいぶらずに こんな風に マンゴサルサとコーンチップスで 夏の美味しさを楽しみます。

   キルティングの合間に ペンケースをこしらえてみました。
c0181652_5184591.jpg

黒の柔らかめのレザーを使って コンパクトでシンプルなペンケース、シャーペンやペンなら4、5本入るくらいの大きさです。 これなら 机の上でも持ち歩くにも重宝するかな?  
[PR]



by Ziggyus | 2016-07-16 06:01 | Handcraft | Comments(6)

最近のクラフト
   毎度のことながら暑い日が続いております。
七月なんだから、夏なんだから 暑いのは我慢するっ!!
でも 最近のアメリカの出来事というのは 人種差別と問題になっている襲撃事件や、大統領候補のe-メールそしてそれに関わる虚実問題に関する大きな闇など、見聞きするだけで一体この国はどこに向かっているんだろうと腹立たしく、かつ虚しい気分になっている今日この頃。

   でも気を晴らすべく、最近またいろんなクラフトに手を出しています。
お友達へ ビーズピアスの贈り物
c0181652_1292842.jpg

そして そのお友達の小学校低学年の娘ちゃんへも 可愛らしいヘアアクセサリー。
c0181652_1495870.jpg

女の子ってやっぱり飾り甲斐がありますな。

そして 終わりが見えないキルティング。。。
c0181652_1511852.jpg

サイズがサイズだけに 終わりは見えないけど、チクチク縫った分だけ成果が見えるから テレビを見ながら、音楽を聴きながら リラックスしながら続いています。

   これは クラフトではありませんがつい最近、アジアンマーケットで見つけたスパムおにぎり用の型。
c0181652_152386.jpg

日本だったら きっと百均とかで売ってるのかな? 
c0181652_1523160.jpg

ちょうどスパムの形で、これを使えば仕上がりも普段より綺麗に。。。
今度 息子が遊びに来たら たらふく食べさせてあげようっと。
[PR]



by Ziggyus | 2016-07-13 02:00 | Handcraft | Comments(7)