やっぱり手作りは楽しい
とうとう8月に突入してしまいました!
ホットドリンクは 朝の一杯のコーヒーのみで、後はず〜っと冷茶にお世話になっている毎日です。
夏真っ盛りのベガスではありますが、私の記憶では 7月末が暑さの峠で これから 少ーしずつ、亀の歩みで気温が下がり気味になっていくのではと期待しているところなんですが。。。

先日、クローゼットの整理をしていたら、もう古くなって使っていないタオルが何枚か出てきて、処分しようかと思ったものの、思いとどまって、フェイスタオルを半分に切って 雑巾用に縁を縫いました。
c0181652_4271739.jpg

そしたら ふと、小学校高学年くらいの時の事を思い出しました。
たしか夏休みの課題だったかどうか、その辺はあやふやなんですが、新学期に 雑巾を何枚か提出しなければならない事が ほとんど毎年のようにあって、多分 小学校高学年あたりからは 自分でこうやって 古いタオルなどを縫っていた思い出が ふと蘇ってきて なんとも懐かしい気分になりました。

考えてみると、ここ、アメリカの学校では 文具などの寄付は求められる事はあっても、教室のお掃除など、日本のように生徒がやるわけではないので、このような雑巾とかの提出は一度もなかったんですよね。
今の時代はわかりませんが、私が小学校、中学校あたりまで 給食の後に 机を後ろに移動して、全員で教室のお掃除をしたり、放課後に当番の生徒がお掃除したりだった記憶があります。
実際に こういう事が当たり前な教育って 良いもんだったな、と今になって思います。 そして 今、日本が世界中でも ゴミがほとんど見られない綺麗な場所だという印象を多く持たせる事に繋がっているのではと考えるわけです。

あ、でもちょっと変わっている提出物があったのが 南カリフォルニア州に住んでいた頃の小学校。 新学期が始まる時に、文具などの他に 提出物としてリストされていたのが、着替えと、2日分ほどのお水と食べ物、そして なるべく早く迎えに来るから心配するなという由のメッセージを書いた子供への手紙を 大きく子供の名前を書いたバッグに入れて。。。というやつでした。 これは地震の多いカリフォルニアならではの 災害対策のようでした。

雑巾の話からかなり話が逸れてしまいましたが。。。
次は この間の 皮を使ったクラフト。
前回、皮にスタンプをして遊んだりしていた時に、こういうのだったら簡単にできるかも。。。って挑戦してみたのが これ!
c0181652_4511283.jpg

キーチェーンにしてみました。 
名前をスタンプして、ちょっとストラップみないな飾りをつけたら 結構可愛いのができました。
実用的だし これなら お友達へのプレゼントにも重宝しそうですよね。

そして、週末のブランチは またもやフレンチトーストです。
c0181652_45410100.jpg

夫が好きな事もあって、フランスパンが余った翌日は かなりの確実でこのメニューになります。
今、よく出ているイチゴと黄桃と。。。
[PR]



by Ziggyus | 2015-08-07 04:59 | Handcraft

<< 驚きの高性能 やっと。。。 >>