クリスマス一色
やっとどうにか クリスマスカードを書くのも落ち着いてきたので、しぶしぶ、そしてのっそりと根っこの生えた重たいおしりを上げて クリスマスショッピングのためにモールをぶらぶらしに行ってきました。
地元(ラスベガス)のモールに行くのは実は一年以上ぶり。。。
c0181652_821589.jpg

モールもデパートもクリスマス一色です。
平日に行ったので思ったほどの人混みでもなく、なんとかいくらかリストのものをゲットして無事帰宅。
それでも 何時間も歩き回ったせいか 足が棒のようで家についてもご飯をこしらえる気にならず、息子を誘って Mimi's Cafeに夕ご飯を食べに。。。
c0181652_823235.jpg

つい先日は ここのMimi's Cafeでの朝食をご紹介しましたが、今回は シーザーサラダにフィッシュ&チップス(チップスは本当ならばフライドポテトがついてくるのだけどマッシュドポテトに換えてもらいました。ほかにコールスローが付いてきます)
家では揚げ物を滅多にしないので たっぷりのレモン汁をかけた白身魚のフライ、美味しかった~!!

こちらは2,3日前に焼いた パンプキン・チーズケーキ。 
c0181652_8247100.jpg

感謝祭に焼いた分があっという間になくなって、息子からリクエストが出ていたもの。
カウンタートップと同色化してしまっていますが、感謝祭に焼いた時よりもマーブルがしっかり出て見た目がよくできたような気がします。

c0181652_825923.jpg私は 夜ベッドに入って本や雑誌を読む習慣があるのですが (といっても すぐに眠くなるのでせいぜい10~15分のもの。。。) 最近読んでいるのがこのタイム誌。
ちょっと前に夫のマイレージでiPod Touchをゲットしたそのあまりのマイレージでこのタイム誌やエンターテイメント・ウィークリー誌、リビング誌などの年間購買もオーダーしたのですが、この週一で届くタイム誌、薄い割りには 国際情勢、留まるところを知らないネット社会、解決が急がれる地球環境問題など、興味深い記事が多くてなかなか読み応えがあるのですよ。

前回号の2000年~2010年の本当に起こった出来事の特集や統計も こうやって10年分を一目で見ることができたり、今回の号は 今 噂の人、Wikileaks(ウィキリークス:、匿名で政府や企業、宗教などに関する機密情報を公開(暴露)するウェブサイト)の創設者、オーストラリア人のハッカーでありジャーナリストでもあるJulian Assangeが表紙を飾っています。
彼は昨日(一昨日?)スウェーデンでの強姦容疑で逮捕された事がニュースで取り立たされていましたが、その上国際指名手配リストにも載っているそう。
言語の自由というものが インターネットの情報が氾濫するこの世代に、便利さ以上に国の保障、また国際問題にまで発展しているのが怖いところです。
[PR]



by ziggyus | 2010-12-09 09:26 | Food...Yum!

<< おもいつきは成功のもと? 最後のターキー、そして郵便事情 >>