最後のターキー、そして郵便事情
さて 暖炉にクリスマスストッキングを家族の分、吊り下げました。
c0181652_137822.jpg

このストッキングにはStocking Filler (ストッキング・フィラー)やStocking Stuffer(ストッキング・スタッファー)と言ったキャンディやら 小さなパッケージのプレゼントを入れておきます。 日本では お菓子が詰め込まれたクリスマス・ブーツが主流で店頭に並びますよね。

クリスマスストッキングの由来についてはいくつかのストーリーがあるようですが、私の知っているのはこの通り。。。

c0181652_2385573.jpgむかしむか~し、あるところに貧しい父親と3人のきれいな娘達が住んでいました。
父親は娘達をお嫁に出すお金がなく、自分が死んだ後、娘達はどうなるのかと心配していました。
セント・ニコラス(サンタクロース)がある時 村人が娘達の噂話をしているのを耳にしましたが、セント・ニコラスは助けたくとも 父親がその哀れと思われるのがいやで寄付を受け取らない事を知っていました。
それで彼は秘密で助ける事にしました。セイント・ニコラスは夜が更けてから3袋の金貨の入った袋を持って暖炉から家に侵入しました。彼はどこに金貨の袋を置いておけばよいか部屋の中を見渡すと 暖炉のマントルに3人の娘達のストッキングが干すために掛けられているのを目にし、その中にひとつずつ袋をそれぞれのストッキングに入れて出てゆきました。
翌日目を覚ました父親と娘達は ストッキングの中に入った金貨の袋を発見して 3人の娘達はそれぞれ結婚することができ、幸せに暮らしました。
めでたし、めでたし。。。

それから 子供達はセント・ニコラスからのプレゼントを楽しみにストッキングを暖炉にかけるようになった。。。とのこと。
c0181652_1521791.gif

さて、残り物ターキー、最後の最後はやっぱりこれしかない!って事で Ziggy家ではもうおなじみのターキーキャセロールです。
ターキーポットパイもよかったけど、やっぱりこのキャセロールがない事には感謝祭にターキーを焼く意味がなくなるというもの。。。(大袈裟っ!)
材料はなんだかポットパイと似た感じですが。。。
c0181652_1332746.jpg

c0181652_1352726.jpg

もう作り方なんて ここ何年もこの時期になるとここここ そしてここでもブログ上で紹介しているので こちらに来てくださる方は“またか!”ってな気分なはずなので省きますが、材料を切って、混ぜて 焼くだけ。。。という、超がつくほど簡単。。。
ちなみに普通に鶏肉でも十分美味しいです!
c0181652_1362612.jpg

あぁ。。。やっぱり美味!!!
。。。という訳で あんなに余ったターキーも2週間近く費やして やっと食べきる事ができました。めでたし、めでたし。。。
c0181652_1554966.gif

クリスマスの飾りつけもどうにか終わったところで、次の作業。。。
外は積もる雪。。。なんて事だったら雰囲気ばっちりなんでしょうけど、とにかくまずはクリスマスのBGMをかけて ミルクティーなんかを準備して クリスマスカードに取り掛かります。
c0181652_1375472.jpg

もうe-mailやテキスト、そしてFacebookなんかのおかげで すっかりペンを持ってメッセージを書き、郵便で送るという事がなくなり 年に一度、クリスマスカードくらいとなっちゃいました。

郵便といえば。。。
今に始まった事じゃないとはいえ、今回は実に日本の郵便事情(宅配便も含む)がすばらしいかを思い知らされています。
11月22日に郵便局に行き、沖縄の実家へひとつ、そしてカナダの妹家族へひとつ荷物を送り出してきました。 
Priority Internationalを使って6~10日で届くとのことでした。
実家に送った分は2日後の24日にはロサンジェルスを出向し、26日日には東京に入って税関を通り、29日には沖縄の実家に届けられました。 
その間ちょうど一週間!

それがどうした事か カナダに送り出した分は同じく24日にはロサンジェルスを出たのはいいけど待てども待てども追跡記録がアップデートされず、そしたら12月3日にバンクーバーに着いてこれから税関を通るという情報が。。。
2度も海を渡って沖縄に配達されるまで1週間しかかからないというのに 陸続きのアメリカーカナダ間、しかも飛行機でせいぜい2時間半の距離で ロスからバンクーバーまで9日間も荷物はどこを彷徨っていたというんでしょうか?
どこかで放置されていたとしか思えない。。。ということで22日に送り出した荷物、12日たった今もまだバンクーバーでゆ~っくり税関を通っていると思われ、妹のもとへ届くのはあと数日はかかりそうです。

日本だとゆうパックにしても、宅急便にしても 留守だったらあとで電話すればすぐに再配達してもらえますよね。 そういう事はこちらではありません。。。
日本の郵便&宅配システムとそのサービスの良さはきっと世界一だと思います。
[PR]



by ziggyus | 2010-12-05 02:30 | Home

<< クリスマス一色 残ったターキーの行方 >>