DC 便り #3
先日、ど~んより雲って今にも雨が降りそうな天気の日。気温が22度まで下がって大分涼しくなった日があって、雨に降られてもいいやって思い切って地下鉄で出かけました。

出かけた先は。。。
c0181652_22514768.jpg

スミソニアンのひとつ、アメリカン美術館。
ここは何度か足を運んだのだけど 今回のお目当ては。。。
c0181652_22561992.jpg

そうです!
Norman Rockwell(ノーマン・ロックウェル)アートの期間限定の特別展示会。
今回は特別展示で個人所有の作品ばかりなので“撮影厳禁”!
写真を撮って皆さんに紹介する事は出来いのがとても残念です。
自宅にもいくつか彼の画集本をもっているほど私も大好きなのだけど さすがに現物を目の前にすると、プリントにはない油絵の筆遣い、鉛筆(炭)画の鉛筆使いの迫力に圧倒されてしまいました。
とても繊細で、肌の皺ひとつとっても、髪の毛一本とってもため息がでるほど。。。
何時間でもそこに居座って見ていたい気分でした。(実際に、ひとまわり見て廻った後に 再度入り直したりしましたし。。。)

今回 かなりの数のロックウェルの原画が展示されていたのだけど、これがなんと全て かの有名映画監督、スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスによる所有物。
お二人ともすごいファンのようで、クリエイターとしてもロックウェルを尊敬しているようです。

ロックウェルの絵は古典的な絵画とは違った雰囲気をかもし出していて、それこそ昔は彼の作品は芸術として認められていなかった頃があったようですし、彼も自身の作品をイラストと呼んでいたようですが、スピルバーグやルーカスが絶賛するように、ロックウェルの絵はその辺の風景画や肖像画と違って、一目見るだけでその瞬時のストーリーが見えてくるというか想像してしまうような魅力があると思います。

彼は モデルを長時間同じ姿勢で立たせておく事をせず、まるで映画監督のごとく描きたい瞬間の表情や姿勢のシーンを支持して写真に撮り、それを使って絵を描いていたとの事。
彼の絵の登場人物はそれぞれがとても表情豊かで 見ている側にもその喜怒哀楽が伝わってきますよね。

帰りに館内のショップに寄って 自分へのお土産をゲットしました。
c0181652_23425226.jpg

ロックウェルの息子、トム氏によって選ばれた 故ロックウェルの下絵や落書きっぽい作品も記載されている本。
アパートに戻ってからさらに もうひとつどうしても欲しくなって他の本もネットでオーダーしてしまいました。

そしてこの大きめのカード、なんだか見ててニンマリしてしまって。。。
c0181652_23431564.jpg

かなり有名な一枚だけど、その名も“Before the Shot”。ドクターズ・オフィスで注射を打たれる直前の男の子。 笑
さぁ、注射をしようと言われて、ドクターが準備をする間、まるで“このドクターはまさかヤブ医者じゃないよな”ってな感じでオフィスの壁に飾られている証書を見入る男の子の渋い顔が なんともいいのです。

ロックウェルが49歳の頃、彼のスタジオ(仕事部屋)がある日、火事になり沢山のオリジナル作品が焼けてしまったというのを聞いて それはそれは心底残念無念。
いつか彼のオリジナル画を所有したいと思うも、小さなサイズのシンプルな鉛筆画でさえ 今では何千万円単位らしく 庶民の私にはその夢は叶いそうもありません。
いや、宝くじでも大当たりすれば話は別ですが。。。
とにかく 今まで以上にロックウェルアートのファンになった事は間違いなしです。
今回 プライベートで所有するたくさんの作品を鑑賞させてもらえる機会をくれた スピルバーグ、ルーカス両監督に感謝せねば!

追記:このノーマン・ロックウェル特別展示は期間限定とはいえ、その期間は来年(2011年)の1月2日まで開催されるようですので ロックウェルファンの方でDC近辺に行かれる機会があれば是非お薦めです!

Smithsonian American Art Museum
8th and F Streets, N.W.
Washington, D.C. 20004
Museum Information (recorded): (202) 633-7970
DC Metro:Gallery Pl-China town Station
[PR]



by ziggyus | 2010-08-26 23:13 | Travel | Comments(12)

Commented by kay at 2010-08-27 01:48 x
ziggyさ~~ん、良いな、良いなラッキーでしたね♪
私も大好きです彼の作品を観ると微笑みが自然と出てしまう彼自身の暖かさが溢れでてますよね。
絵の中に入り込みたくなりそうな作品も多いし
今回は、ziggyさんにとって最高な滞在になりましたね。
お土産までゲットしたのね♪
いつまで展覧会やってるのかな~?
DCに行く時まで展示会やっていてくれたら嬉しいなと思ってしまいました。
Commented by ziggyus at 2010-08-27 02:12
☆ Kayさん ☆
あ、もしかして 今Kayさんと同じ時間にPCの前にいるのかも~!!!
Norman RockwellのExhibition、来年(2011年)の1月2日までらしいので大丈夫、Kayさんもこちらに寄られる時に観れますよ~!! 
時間に余裕があれば是非観にいってくださいね。
Kayさんもきっと 本物を目の前にしたら益々好きになる事間違いなしです!!
私も9月上旬に帰らなくてもよければご一緒できたのに残念だわ。
Commented by 風香 at 2010-08-27 09:39 x
おおおっ それはそれはホント ラッキーでしたね♪
こういう機会ってなかなかないのでは?
私もこういう絵好きですよぉ 昔の映画のポスターみたいです
見ててなんだかゆっくりできますよ
Ziggyさんの好きなもの どんどん分かってきた気がします
この作品の雰囲気とキッチンに飾られた小物たち
うんうん 雰囲気似てますね
うわぁ素敵な空間がどんどん出来ていきますねぇ
鉛筆画で数千万・・・宝くじ当たって所有された時には
ぜひUPしてくださいねぇ (^O^)/
数千万かぁ。。。 すごいなぁ。。。 ^_^;
Commented by SissyR at 2010-08-28 15:47 x
個人二名の所有物だけで展示会が開けるってものすごい数なんでしょうね!
温かい、その場の雰囲気が伝わってくるような彼の作品は私も好きです(*´v`*)
プリントでも十分すぎるほど素敵なのに、実物?(@_@)
一度は見てみたいです~。
Ziggyさん、DC滞在満喫されてますね♪
Commented by つまくり at 2010-08-28 16:07 x
そういえば、映画Stingのポスターの絵ってロックウェル風でしたよね。亡くなられたロイヒル監督も好きなんじゃないかと思いました。ポスターも人気でプレミアが付くみたいですしね~。実はRedford様のファンで、東京で来日した際、講演を見に行った事があります。
ベガス行きチケット取れました。飛行機代を安くしてHNL経由でUpgrade狙いで行くため、9/17深夜~20日早朝予定です。メールしますね。
Commented by touseigama696 at 2010-08-29 07:24
アーサー・ヘイリーの小説で
アメリカの経済を教えられたように
この絵で・・アメリカの文化を
分からせてもらえますね
巨大なものを・・
まとめて包んでしまう力・・凄いです
Commented by インディゴ at 2010-08-31 19:46 x
きゃーーー素敵ですねえ~~
わたしも大ファンです!!!
特に彼の描く子供の表情が大好きで
まさに私の中の「アメリカの子供たち」といったイメージです。
広告も数多くてがけてますよね、それも好きだなあ。
いいですねー、そんなチャンスに恵まれるって素晴らしい♪
わたしも実物が見てみたいです。
Commented by ziggyus at 2010-09-01 22:17
☆ 風香さん ☆
お返事遅れちゃってごめんなさい。
そうですね、好きな画家の絵が現物で見れるのは 本当にラッキーだったと思います。
それにしてもプリントと原画の迫力の差というのを思い知らされました。
色といい、筆遣いやテクスチャーといい、本当に改めて彼の才能を素晴らしいなと思ったし、できる事ならひとつくらい持って帰りたかったです。笑
Commented by ziggyus at 2010-09-01 22:40
☆ Sissyさん ☆
お返事、遅れてごめんね。
そうなんです、2人だけでこの数のコレクション。。。さすが世界に名を馳せる有名人だけあって きっと私達には想像を絶するほどの大金をはたいているんだと思います。
ルーカス氏はまだお金がなかった時にも一番安い(それでも何千ドル単位)ロックウェルのデッサン原画なんかを買いはじめたってコメントしていましたけどね。
スピルバーグ氏もロックウェル氏が映画監督だったら素晴らしい映画を作っていただろうって。。。
Commented by ziggyus at 2010-09-01 22:48
☆ つまくりさん ☆
Stingのポスター、私も始めて目にした時に“Saturday Evening Post ”のカバーっぽいなって思いました。
このポスターを手がけたAmsel(こんな綴りだったかな?)はIndiana Jonesとかいろんな映画ポスターが有名ですよね。
もうベガスは知り尽くされているつまくりさんだから やっぱり買い物とショーがメインでしょうか。
Commented by ziggyus at 2010-09-01 22:54
☆ Touseigamaさん ☆
そうなんですよね、ロックウェル氏、肖像画とかもお願いされていくつも描いたようですが、私の知らない“古き良き時代のアメリカ”の印象を、絵の人々の表情やしぐさ、そして背景から感じさせるんですよね。
それでもって 見ていると何かを語りかけてくれるような。。。 スピルバーグ氏も彼の書斎デスク前にかけていつも目に着くようにしているとか。
私もTouseigamaさんがしておられるように本をほどいてフレームにいれて飾ろうかなんて考えています。
Commented by ziggyus at 2010-09-01 23:00
☆ インディゴさん ☆
インディゴさんもRockwellファン?
彼の描く絵ってまさしく“The Little Rascals ”の子供達をそのまま描いたような表情豊かな楽しさがありますよね。
実物を見てしまったら プリントはなんだか物足りなく感じさえします。。。
あ、日本にもNorman Rockwell美術館があるようですよ。大分だったかな?

<< DC便り #4 DC 便り #2 >>