気まぐれな秋の天気
c0181652_044199.jpg なんだか天気がコロコロ変わる日々です。
太陽がポカポカと温かく青空の広がる日があったかと思うと翌日はどんよりだったり 1日中雨だったり。。。
外を散歩しようにも 土地勘のない場所だし、結局はアパートメント内のジムでちょこちょこと運動しています。
こじんまりとした小さめなジムだけど、私が行く時間って使っている人がほとんどいなくて 大抵の場合は他に1人いるか 貸切状態なので使いやすい。
競泳用の温水プールなんかもあって、本当は関節にも優しい運動ができるし、そっちの方を使いたいのだけど なんせ水着を持ってきてないし 私の下手な泳ぎを監視されるのも気が引けて足が向かないわけです。 

天気の良い日はこ~んな青空と紅葉を見ることができるも。。。
c0181652_0354383.jpg

土曜日には先週末に続いてまたもや雨、雨、雨。。。
せっかくのお休みの日 夫と秋の色探検をすべくドライブするも、この通り雨だし空もどんよりでせっかくの紅葉を見る楽しみも半減。
c0181652_036153.jpg
c0181652_036374.jpg

c0181652_1382065.jpg。。。で 結局はモールで映画を観て、食事をして 買い物をして帰るという先週末と全く同じパターンになってしまいました。
今回見たのは 夫が観たかったらしいLaw Abiding CitizenというJerard Butler(ジェラルド・バトラー)とJamie Foxx(ジェイミー・フォックス)主演の犯罪サスペンス映画。
ここからはちょこっとネタばれがありますので この映画を観るつもりの方はスルーしてくだされ。

家に押し入った強盗に最愛の妻子を殺された、ごく普通の父親であり夫だったクライド(ジェラルド・バトラー)は 検事ニック(ジェイミー・フォックス)との司法取引により、殺人の実行犯が5年の刑で出所してしまった事に裏切り、怒りを感じるとともに法のあり方に疑問を増す。
家族を惨殺されたクライドが復習の鬼と化し、着々と法の勉強をし、準備を進め 事件から10年後、事件の首謀者たち、検察、そして法システムそのものに対して苛烈な復讐を展開するという内容。
この映画はただの復習やバイオレンスが中心ではなく、裁判官や弁護士のいう“法の遵守”って、誰のためにあるのかという事、犯罪者の権利擁護ばかりが声高に騒がれ、証拠がなければ被害者の命が軽視されがちな法のあり方を考えさせられる内容でした。
[PR]



by ziggyus | 2009-10-26 00:36 | Seasons

<< DC散歩 残念なランチ >>