More Bread & more DC -Day 8 Part1
先日焼いたパンがZiggyファミリーに大好評だったのに気をよくした私、今度はお惣菜パンを焼いてみました。
パン自体は ついこの間のホテルブレッドのレシピをそのまま使って、もちもち&ふんわり系。
c0181652_12391734.jpg

具はやっぱり自分の好きなものを好きな組み合わせでいかせてもらいます。
これはこしらえる人の特権ですからして。。。
c0181652_12401074.jpg

1.ソーセージ+バジルソース+チーズ 
2.ハム+チーズ+玉ねぎスライス+フレッシュパイナップル
3.ツナ・卵・コーンのマヨネーズあえサラダ+チーズ
あぁ、日本の味。。。(こちらでは惣菜パンなるものあまり存在しないので)
どれもすご~く美味しいけど なぜか息子は#1を、娘が#2、そして私は#3と一番の好みがはっきりと分かれました。喧嘩をせずに済んだからいいんですけどね。笑
いや~、でもあっという間になくなりました。 また作ろっと。。。
c0181652_12444726.gif

さぁ、DC巡り、2週間目に突入です。
もう少し続きますが、 興味のある方はお付き合いください。

月曜日の朝、この日は夫と同じ駅で降りずにもう2駅ほど行った Federal Triangleという駅で降りる事にしました。
出勤途中の皆さんに混じって改札を出たところでなんともよい音色が聞こえてきました。
地下鉄の改札からエスカレーターで上がっていく前のちょっとした通路(ロビー?)で2人の男性がチェロとバイオリンを演奏してる!
c0181652_1250313.jpg

それがね、この人達、多分オーケストラかなんかの楽団で演奏してる人なんだろうなって思うような きれいな音色でクラシックを奏でて 私なんて思わず柱のそばに(通勤途中の方達の迷惑にならないように)立ち止まってプチコンサートに聴き入ってしまったほど。
今更ながら ビデオ機能を使って撮って置くんだった。。。って思ってもあとの祭り。
みなさんにお聞かせできないのが非常に残念です。
それにしても 他の皆さん、出勤途中で急いでるのはわかるけど この素敵な音色を耳にしながら たまに前に置かれたバイオリンケースに通りすがりお金を落とす人はいても ほとんどの人が歩く速度を落とす事なく、 ましてや立ち止まって聴いてる人なんて私一人。
こういうのってきっと慣れきっちゃってるんだろうな~。

一通りの曲が終わって パチパチと1人拍手をしたらお二人とも私に向かって軽く会釈をしてくださった。
なんだか朝から得した気分で そのまま駅内のデリっぽいところに入って朝食を取る事に。
c0181652_12454689.jpg

ここも 結構通勤客で賑わっています。
自分の好きな物をお皿にとり、会計で重さを量って料金を払い、店内または外の中庭に面したテーブルでいただきます。
でもほとんどの人達(出勤途中)はテイクアウトにして それを持ってオフィスに向かっている感じでした。
私はというと、新聞を読みながらゆっくり朝ごはんを済ませて駅を出ます。

駅のデザイン。凝ってますよね。いいなぁ、こういうの。
c0181652_12493638.jpg

c0181652_12495465.jpg

c0181652_1482957.jpg

小さな道路を隔てて ど~んと構えているのがThe Old Post Office Pavillion(旧郵便局パビリオン)
c0181652_2214227.jpg

c0181652_1251625.jpg

c0181652_12541837.jpg

建物の前にはアメリカ郵政局の父と呼ばれる、初代郵政長官、ベンジャミン・フランクリンの銅像

1899年に完成したこの歴史的建物は、DCで初めて建てられた鉄筋ビルで 元来アメリカの中央郵便局として使われていたものらしいのですが さすがに建物の老朽化が進み、取り壊しのため閉鎖されるも 保護団体の運動によって 改修されて1983年に再オープンしたそうです。
ここでもやはり セキュリティ・ゲートを通り、中に入ると アートやオフィス、店舗やレストラン・フードコートが並んでいました。 アトリウムには巨大な中庭があり、正午に始まる無料コンサートに耳を傾けることもできるのだとか。
c0181652_12523610.jpg

私が入ったのは 時間的に早く、フードコート以外はほとんどまだ閉まってる状態でちょっと残念でした。
[PR]



by ziggyus | 2009-08-12 12:41 | Travel

<< おやつ & DC - Day8... 娘のこと DC 6&7日目 >>