Happy Easter!
イースター。。。日本語では、「復活祭」または「復活節」と呼ばれ イエス・キリストが十字架にかけられて3日目に甦ったことを記念する、キリスト教の祝日。
春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝われるため、年によって日が変わる移動祝日で 今年は今週の日曜日ですね。
c0181652_438998.jpg
 
子供達が小さかった頃は いろんなデコレーションをしたり、エッグハンティングのイベントに参加したり、イースターバスケットという卵やひよこ、またはウサギ型のお菓子やぬいぐるみの入ったバスケットを準備したりしたものですが、大きくなるにつれ、そういう楽しみもどんどんなくなってきました。
イースター用のデコレーションも いつのまにかこのくらいしか残っていません。

それでもイースターは私にとって とても思い出深く、意味のある日です。
21年前 娘がお腹に宿っていた間に神様を受け入れ、感謝の気持ちで洗礼を受ける事ができたのがこの日だったからです。
生まれ育った親元を離れ、遠く異国の地で妻になり、そして母になり、山あり、谷あり、少しづついろんな体験をしてきた中で 親・兄弟、親戚 そしてお友達に支えられながらも どんな時だって神が心のより所となって今 こうやって生かされている私がいると感じます。

宗教の違いで戦争が起こってしまう世の中ですし、信仰の話題はとても繊細な部分がありますが、仏教徒のお友達とお話していても仏様の教えと神の教えの中で共通した部分が多々ある事も事実。
人を敬い、自分の置かれた環境に感謝する気持ちを忘れずに毎日を過ごしたいものですよね。

c0181652_53082.jpg


さて、今日は マスターベッドルーム(主寝室)の紹介でも。。。

見ての通りまだほとんど飾りっ気のない我が家です。
マスターベッドルーム(主寝室)はぐっすり眠れればそれで満足なので至ってシンプル。
窓はほとんどブラインドが付いているので 必要に迫られず、まだ何も手をかけていないのですが 時間が出来た時にでも カーテンでも取り付けようかと企んでいます。

カリフォルニアキングというサイズのベッドはかなり横幅があって、どんなに寝相の悪い私でもお隣に迷惑をかけることなし。。。笑
この時に娘がくれたピローケースもしっくりこちらに収まっています。
c0181652_539509.jpg

こちらが私側。。。相当眠たくてベッドに入る以外は 大抵寝る前に本や雑誌を読んで うとうとしてきたら電気を消すのがいつの間にか習慣に。
c0181652_540566.jpg

この家のどこの寝室にも必ずある出窓。
ここに座ってボーっとするもよし、本を読むよし。。。夜はこの窓から街の夜景が見えるので ボーっとすることの方が多いかな。爆
c0181652_5401114.jpg

なぜか この部屋にも暖炉が。
この年数(築5年)の家にはちょっと珍しく 今時のガスではなく薪を使うオールドファッションな暖炉。
それで必然的に煙突があったりするわけで 風のすご~く強い日なんか ビュービューうるさかったりするのがたまにキズ。
この赤レンガの暖炉は いずれ模様替えの予定。
c0181652_5402911.jpg

最後にこの右側がバスルームで 中央のドアがバルコニーへ出るドア、そして左側がクローゼット也。
c0181652_5404951.jpg

[PR]



by ziggyus | 2009-04-11 06:10 | Home

<< 初めてのお客様 餃子Night >>