ゆったりまったり
c0181652_5125712.gifこちら、元旦からずっと青空が広がる快晴で クリスマスの雪景色がうそのようです。
大晦日もお正月も 特別な事もせず、外出する事もほとんどなく 家でゆったり、まったりと過ごしています。

そのゆったりまったりのお供は 先日いただいた柔らかい香りのお香と お茶と茶菓子で。。。

c0181652_3475194.jpg

c0181652_3525549.jpgあぁ~、美味しい。
コーヒーや紅茶、ケーキやクッキーももちろんいいけど やっぱり和菓子って落ち着きますね。
Hさん、改めてどうもありがとう!

でもね、ゆったりまったりの時間ばかりだったわけではなく。。。
実は大晦日の早朝、息子がバイトに行こうと彼のトラックをとめてあった場所に行くと ウィンドシールド(車の前方の窓)が大きく蜘蛛の巣状に割れていたそうです。 真ん中は穴が開いて車の中には直径10cmくらいの石が落ちていました。
息子はとにかくバイトに遅れてはいけないと そのままの状態で運転してバイトへ。
私は息子が帰ってからこの事を息子に聞いて すぐに2人でアパートのマネージメントオフィスに行ってマネージャーに報告しました。
マネージャーは同情はしてくれたものの アパートの住人からも 見回りのセキュリティーからも何の報告もないとの事で それ以上は対応策もなしでした。
きっと年末に飲みすぎた酔っ払いか誰かの仕業なのでしょうが、何百ものファミリーが住むこの大規模のアパートで一軒一軒訪ねることもできず 残念ながら泣き寝入り状態です。
警察への報告も、この件に対して多分満足な結果を見ることはないでしょう。

すぐに保険会社に連絡して 保険のクレイムを入れようとしたものの、家族4人分 特に息子と娘は25歳以下のため保険料がバカ高いため、つい最近 保険を1ランク下のものに替えたばかりでその結果、 窓ガラスの取替えはカバーされない事が発覚。涙

息子にウィンドシールドを取り替えてくれる会社 何社かに電話を入れて見積もりを取って予約を入れるように施すと 翌日は元旦にもかかわらず うちの駐車場まで来て割れたガラスを取り替えてくれました。
今回は 随分厳しいかと思ったけど 相棒と話し合って 車を所有するという事がどんな事かという“責任”を学ばせるためにも 息子に支払いをさせました。
息子自身のせいでもないのに 少ないバイトのお給料から、というのはかわいそうかと思ったけど 全てがフェアではない世の中の厳しさをわかってもらえたら、これも彼にとってある“経験”になるんじゃないかと。。。
そして なによりも息子がその窓が割られた瞬間運転席に座ってなかっただけでも不幸中の幸い。
どこの誰かも分からない、心無い“犯人”に対してはとても怒っていたけど ちゃんと自分自身で対処するように言った私達に対しては嫌な顔もせず 一言の文句もなく対処した息子がまたひとつ大人になったように見えた日でした。

ひとりごと:上の記事を書いてて かわいそうとキーを打ったら可哀想、可愛そう、可哀相などの選択があって今までいつも使っていた可哀相を選びました。 でもなぜか今回なんとなく気になってちょっと調べてみたら この漢字ってどれも全部当て字らしい。
日本語ってやっぱり難しい。。。
[PR]



by ziggyus | 2009-01-04 05:14 | Food...Yum!

<< Long drive Happy New Year! >>